ペットは癒しですね。どこへ行くときも一緒にいたいのが飼い主の心境だったりするのですが、時にはそれも儘ならないことがあります。そんな時は誰かに預かってもらう事も多いわけですが、預けられる方もいつもはいない生き物が家に来ることでドキドキワクワク。そんな「預けられる側」になった人の漫画が人気を呼んでいます。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 ツイッターに漫画をアップしている会社員のたそ‏さん(@sota_tas)が、お姉さんからハムスターを預かった時の事を漫画にしています。

 仕事が終わらない夜の20時近く。今日も遅くなりそうやなーとコーヒーブレイクしているとお姉さんからのラインの通知が。「旅行に行くから日曜日までハムスター預かってて」「玄関とこにケージ置いといたから」と。


 大変!!仕事をそこそこに切り上げて急いで帰るサラリーマンたそさん。帰りの電車に揺られている間も気が気でない様子。そして駅から大急ぎで帰ってくると……そこには玄関に置かれたハムスターのケージ。玄関でかれこれ20分もそのままハムスターを眺め続けていましたとさ。

 リプライには「こういうの好き」「ペット飼っているうちあるあるですね」「可愛い」と感想があふれており、いいねも10万近く付いて話題になっています。最後の、20分くらい玄関でハムスターを見ているというコマに筆者もほっこりしてしまいました。

 この漫画、お姉さんがいきなりたそさん家にハムスターを置いていったようにも取れてしまいそうですが、たそさんに話を聞いてみたところ、前日にはちゃんと連絡をもらっていたそうです。つまり2コマ目と3コマ目の間には実は1日あったということです。それにしてもたそさんはかなりの動物好きとのことで、お姉さんもその辺しっかりわかっていたため安心して預けていったのだとか。預けられた側のたそさんも当日はものすごーく楽しみに帰宅したそうですよ。

<記事化協力>
たそ‏さん(@sota_tas)

(梓川みいな)