テイラー・スウィフト、2018年のツアー情報を誕生日に解禁か

写真拡大

 テイラー・スウィフトが自身の誕生日に2018年のツアーを発表し、チケット販売を開始するとみられている。米ビルボードによると、テイラーが28歳になる2017年12月13日(現地時間)にニュー・アルバム『レピュテーション』のツアー情報が解禁される。

 『レピュテーション』のツアーについての情報は少ないが、テイラーの<テイラー・スウィフト・ティックス>サイトによると、今回発表される日程は主にNFLチームのホームスタジアムを27箇所回る内容となり、実現すれば2018年の興行収入ランキングの上位に入ることはほぼ確実だ。『1989』のツアー・プロモーターで、『レピュテーション』のツアーも手掛けるルイス・メシーナがNFL会場を利用したツアーを得意としており、オフシーズンの春から夏にかけて会場が空いていることからも実現性は高い。

 また、『レピュテーション』のツアーは、チケット販売大手のチケットマスターが転売問題の解決策として打ち出した“Verified Fan”(認証済みのファン)プログラムの大きな試練の場となりそうだ。チケットマスターが管理する<テイラー・スウィフト・ティックス>サイトに登録し、テイラーの音楽や商品を購入したり、動画を視聴したり、SNSでコンテンツをシェアすることで、ライブのチケットを入手できる確率が上がるというシステムになっている。<テイラー・スウィフト・ティックス>の登録は11月28日で締め切られる。

 2017年11月10日にリリースされた『レピュテーション』は、初週累計が100万ユニットに到達する勢いだ。