【詳細】他の写真はこちら

AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」にて、『必殺!バカリズム地獄』♯25が、11月10日21時〜22時に放送された。

■元NMB梅田彩佳、AKB48とNMB48の違いを説明「AKBは曲に命を懸ける。NMBは歌よりもMC」

同番組は、“ヤンキー鬼”に扮したお笑い芸人・バカリズムが、様々な女性たちが経験した“鬼ギレ”エピソードを吟味していく1時間のレギュラー番組。今回は、ゲストにレースクイーン出身のタレント・青山めぐ、元AKB48の松井咲子、タレントの愛菜、元NMB48の梅田彩佳を迎え放送した。

街行く女性たちが鬼ギレエピソードを話しているVTRで「大阪の人は面白いねって、東京人よスカしてんじゃねえ!」という怒りの声があり、バカリズムが東京と大阪の違いをゲストに質問してみたところ、梅田が「私、AKBからNMBに移籍したんですけど、確かに違ってAKBだと曲に命を懸けているんですが、NMBは歌よりもMCの時間のほうがめっちゃ長い。MCがスベると、みんな裏で超落ち込んで、MCのことをスタッフさんに超怒られていました」と同じAKB48グループでも違いがあることを明かした。

また別のVTRでは、「忙しいアピールをする人に対しての鬼ギレエピソードが流れ、それを聞いたバカリズムは「AKBとかグループでやっていると、グループの活動と個々の活動ってあるじゃないですか。忙しいアピールしてくる人とかいないんですか?」と質問すると、梅田は「次の日の予定って、だいたい前の日にスケジュールが降りてくるんですが、あるメンバーが『明日何やってるの?』って聞いてきて、『休みだよ。えっ? 何かしているの?』って聞き返すと『明日ね、どこどこで収録なんだ』って言われて……。仕事があるなら、なんで聞いてくると!?」と忙しさをアピールするメンバーに対して怒りをあらわにした。

■元AKB48・松井咲子、梅田彩佳の誘いを断り続ける理由「このテンションで来られると思ったらうるさい」

ゲストの鬼ギレエピソードを発表するコーナーでは、梅田が松井への鬼ギレを告白。「私AKBの2期生で、咲子さんの先輩なんですけど、すごい咲子さんのことが大好きで、ご飯行こうってすごい言ってたんですよ。でも咲子さんは、私のほうが先輩なのに『まだ早いから』と断わる」と明かし、それを聞いたバカリズムが、松井さんに「嫌いなんですか?」とストレートに質問しました。すると、松井は「優しいんですけど、急に来るみたいなところが本当に嫌で、こっちは、せっかく仲良い子とふたりでご飯行っているのに、急に割り込んで入ってきたんですよ。ずっとこのテンションで来られると思ったら、うるさいんです」と断り続けた理由を激白。それを聞いた梅田は「道のりは遠そうですね。頑張ります」と、がっかりした様子を見せた。

その他、青山の「インスタのDMで誘ってきた男」の“鬼ギレ”エピソードや、視聴者からの“鬼ギレ”エピソードなどは、見逃した番組を視聴できる「Abemaビデオ」で無料で楽しめる。

AbemaTV『必殺!バカリズム地獄』♯23 視聴RL

https://abema.tv/video/episode/90-485_s0_p25