2018年も神の降臨あるか!?お正月の茶の間を湧かせた箱根駅伝の「山の神」たち

写真拡大 (全5枚)

お正月の茶の間を毎年湧かせる、箱根駅伝。先日は箱根駅伝のはじまりとその歴史について紹介しました。

全10区間の中でも「山登り」と呼ばれる5区は、順位が大きく入れ替わることも多い注目の区間です。また近年では数年に1度「山の神」と呼ばれる選手が現れ、この区間で大活躍することも、観客の目を惹き付けてやまない要因となっています。

今回はそんな5区を走り、「山の神」と呼ばれた名選手たちに注目してみました!

山の神、ここに降臨!今井正人

福島県南相馬市(旧・小高町)出身の今井正人選手は、高校時代から陸上競技で活躍し、順天堂大学へ進学した後に4年連続で箱根駅伝出場・3年連続で5区の区間新記録を樹立した選手です。

箱根駅伝で「山の神」と呼ばれたのはこの選手が初めてで、その由来は彼と同じ時期に活躍した日体大(当時)の北村聡選手がインタビューで「5区には(山の)神がいる。今井さんと勝負がしたい」と発言したことと言われています。

2006年に3年生で出場した第82回大会では、順天堂大学の往路優勝にも貢献しました。

今井選手が活躍する前にも、「3年連続で区間新を記録した選手」や「5区で3年連続区間賞を獲得した選手」は存在しました。しかし「同じ区間で3年連続区間新」は今井選手が初で、アナウンサーが思わず「山の神、ここに降臨!」と叫んだのも納得の走りでした。

大学卒業後はトヨタ自動車九州に入社し、2017年現在もマラソンや駅伝の選手として活躍中です。

山の神を超える、山の神童!その名は柏原竜二!

今でも覚えている人が多いであろう、「山の神を超える、山の神童!その名は柏原竜二!」という、アナウンサーの興奮した叫び声。今井選手と同じ福島県出身の柏原竜二選手は、貧血体質だったこともあり、いわき総合高校2年までは輝かしい戦歴があまりない選手でした。

柏原選手が素晴らしい活躍を見せるようになったのは、貧血を克服した高校3年生から。その後東洋大学へ入学、2008年の関東インカレ10000mで日本人トップの3位入賞を果たしたのを皮切りに、彼は大躍進を始めます。

2009年の第85回箱根駅伝では5区を任され、9位で襷を受け取ると前を走る8校をごぼう抜き!トップから4分58秒の差を逆転し、東洋大学の初優勝に貢献しました。

(東洋大学構内の、東洋大学の箱根駅伝初優勝を記念する石碑)

この時の柏原選手の記録は、前項の今井選手が2007年に記録したタイムを47秒上回るものだったため、柏原選手は「神・山の神」「山の神童」と呼ばれ、時の人となりました。

その後も柏原選手は4年連続で箱根の5区を走り、4度とも区間賞を獲得し、3度区間新記録を更新、東洋大学の黄金時代を支えました。しかし本人はこの大活躍の結果「山だけ速い奴」と思われることに対して、かなりの抵抗があったようです。

東洋大学卒業後は富士通へ入社、陸上競技部で活躍しましたが、2017年3月31日付けで引退を発表しました。

コース変更後の山登りで柏原竜二を超えた!神野大地

次に箱根駅伝に「山の神」が現れたのは、柏原選手が卒業した後の2015年の第91回大会でした。

中京大中京高校から青山学院大学へ進んだ神野大地選手が初めて箱根駅伝の5区を走ったのは、彼が3年生の時でした。この年は、箱根の5区が函嶺洞門を通るコースから函嶺洞門バイパスを通るコースに変更となり、距離が20m伸びました。

これに伴い、前項の柏原選手の持つ1時間16分39秒という記録は「参考記録」となりましたが、神野選手は距離が伸びたにもかかわらずその記録を24秒更新、一躍「3代目山の神」と呼ばれるようになりました。彼は翌年も、故障開けにもかかわらず5区を走って往路優勝に貢献し、青山学院大学は2年連続の完全優勝を果たしました。

大学卒業後は、コニカミノルタに入社して競技を続けています。2017年現在24歳とまだ若い選手なので、これからの活躍が期待されますね。

(箱根駅伝ミュージアム近くの、走る足跡をモチーフにした看板)

 

さて、2017年もいよいよ駅伝シーズンがスタートしました。2018年の箱根では、新たな「山の神」の降臨があるのでしょうか?これはますます、目が離せません!