「ディズニーシーを作っていた」 俳優・荒川良々が驚きの過去を告白!

写真拡大

2017年11月4日放送のバラエティ番組『満天☆青空レストラン』(日本テレビ系)に、俳優の荒川良々(あらかわ・よしよし)さんが出演し、意外な過去を告白しました。

荒川さんが『作っていたもの』

番組MCの宮川大輔さんは、荒川さんとの共演に、喜びを隠しきれない様子。

舞台での共演がきっかけで意気投合し、プライベートでも仲がいい2人の付き合いは、15年以上になるといいます。

会話が弾む中で、宮川さんは、荒川さんの過去に関する次のような話題を出しました。

「ディズニーシーできたよ、宮川くん」っていうて。2人でディズニーシーに行ったよね。

満天☆青空レストラン ーより引用

過去に、『ディズニーシー』のアトラクションを作る現場でアルバイトをしていた荒川さん。完成した際に、宮川さんを誘い、2人でディズニーシーへ行ったというのです!

宮川さんの言葉に対し、荒川さんはうなずき「俺がバイトしてたからね」と答えます。

「ディズニーシー作りに行ってたから」

満天☆青空レストラン ーより引用

続けて「なんとかマーメイドを作っていた」と話す荒川さん。テーマポートの1つである『マーメイドラグーン』に関するものを作っていたのでしょうか。

荒川さんの意外な告白に、ネット上では驚きの声が上がりました。

・ディズニーシーのアトラクションを作っていたなんて、すごい!

・大好きな荒川さんが、過去にディズニーシーを作っていたことを知って、さらに好きになった。

・20年前に、舞台で活躍されている荒川さんを見たことがある。長いこと、努力してきたんだろうなぁ。

人気俳優として活躍している荒川さん。過去にそんなものを作っていたなんて、驚きですね!

[文・構成/grape編集部]