リンテック 最高級デジプリ「プリンテリア プレミアム」発表

写真拡大

 リンテックサインシステム(株)は、最高級デジタルプリント製品「プリンテリア プレミアム」の展開を発表、その第一弾となる「アルフォンス・マリア・ミュシャ」を「第36回JAPANTEX2017」(会期:11月15日(水)〜17日(金)/会場:東京ビッグサイト)にて先行展示する。

 デジタルプリント壁紙「プリンテリア」は2000年の発売以来、インテリア空間設計の新しい形として、日本および海外市場において拡大してきた。今回新たに最高級プレミアムラインアップとして、「プリンテリアプレミアム」を発表、その第一弾として、日本でも多くの人に愛されているチェコ共和国出身の芸術家「アルフォンス・マリア・ミュシャ」の作品の販売を、来春より開始する。

 同社では、デジタルプリント用コンテンツギャラリー「ビジュアルマーキング.com」を開設して、国内外の著名な名画やデザインを提供してきたが、今回はあらたに、アルフォンス・ミュシャ財団と(株)ジーイーエムの下、正規ライセンスデータによる製品として提供する。「アルフォンス・マリア・ミュシャ」の世界を、最高級デジタルプリント壁紙「プリンテリア®プレミアム」をはじめと、最高級内装用化粧シート「パロア・デコ・プレミアム」、デジタルプリント・ウィンドーフィルム「ウインテリア・プレミアム」、「グラステックス・プレミアム」など多彩な品種で展開する。