12日の映画「シン・ゴジラ」地上波初放送中、タニタの公式アカウントのツイートを発端にまさかの”共演”が実現し、話題となった。

同日、昨年公開の映画「シン・ゴジラ」が、テレビ朝日系で地上波初放送された。同作は、アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズを手掛けた庵野秀明氏が監督と脚本を務め、日本アカデミー賞をはじめ数多くの賞を得ている。

日頃から企業の公式Twitterの枠を超えた投稿で人気のタニタ公式アカウントは、この日も「シン・ゴジラ」放送に言及。

ゴジラ登場後は自衛隊も歯が立たない状況に「シン・ゴジラ強すぎてやばい。ちょっと緒方恵美さん呼んでくる」と、「エヴァンゲリオン」で主人公・碇シンジの声優を務めた緒方恵美に呼びかけていた。

すると同じく「シン・ゴジラ」を視聴中だった緒方も、シンジの口調で「僕がアレに乗って、さっきのと戦えっていうの?無理だよ…みたことも聞いたこともないのに、出来るわけないよッ!!(涙目)」「…ひどいよ…タニタさん…そんなのないよッ!(涙目)」とリプライ。


「シン・ゴジラ」放送中に生まれたまさかの”共演”をファンも楽しんだよう。13日10時30分時点で、緒方の投稿には 56,000件以上のリツイートと52,000以上のいいねがつき、Twitter上で拡散していた。

なお13日に、タニタのTwitterは「昨夜は無茶振りしてすみませんでした」「瞬間心重なった気がして感激です」といい、サービス精神旺盛な緒方に感謝を述べるツイートをしていた。

なお、緒方が乗るのを躊躇していた「アレ」の正体については、ファンからタニタの体組成計ではないかとの説も出ている。

【関連記事】
水道橋博士がTwitter規制賛成派の矛盾を指摘「お前もやってんじゃん」
藤田晋社長が「72時間ホンネテレビ」を支えたエンジニアに称賛と労い
電子タバコのマナーをめぐり完全禁煙を決断した飲食店のツイートに反響