「Screenshop」

写真拡大

 インスタグラムやスナップチャット等SNSをはじめ、ネット上で見つけた気になる服を簡単に検索・購入できる新アプリ「ScreenShop」が登場した。
 「ScreenShop」は、キム・カーダシアン(Kim Kardashian)が初期段階からアドバイザーとして携わった新アプリ。気になるファッションアイテムが写った画像をスクリーンショットし同アプリにアップロードすると、独自のテクノロジーで画像をスキャンし、類似アイテムが複数提案される。提案されたアイテムは、提携しているオンラインストアでそのまま購入することも可能。海外では、11月初旬のアプリリリース直後から「SNSでフォローしている憧れのセレブリティと同じ格好ができるようになる」アプリとして話題を呼んでいる。
 約1年間にわたりアプリのコンセプトやユーザーエクスペリエンスに関してアドバイザーとして携わったというキム・カーダシアンは「ソーシャルメディアが大好きなので、自分のフィードに表示されたアイテムが買えるようになるのは夢のよう」とコメントを発表。ScreenShopはiOSアプリとしてAppStoreで無料でダウンロードできる。