ブロッコリーはどの季節も手に入りやすく、わが家にも頻繁に登場する野菜だ。私も家族も愛犬も大好きなので、スーパーに行けば必ず購入する野菜のひとつとなっている。普段は茹でてドレッシングで和えたり、ハンバーグと煮込んだり、シチューに加えたりといった方法で調理している。どんな種類の肉や魚にもぴったり合ってくれるから、とても使いやすい。お弁当のアクセントにもなる。

今回紹介するのはそんなブロッコリーの緑の部分(花蕾)のみを使ったパスタだ。合わせる野菜はニンニクだけ。そして少量のアンチョビだ。本当においしいのかな?と思った方は是非作ってみてほしい。

ブロッコリーは茎をつけたまま、さっと茹でて水を切っておく。水が切れたら、緑の部分のみを包丁で茎から切り離す。大きすぎると食べにくいので、何度か刻んで小さめにしておく。それを、ニンニクのみじん切り、刻んだアンチョビ、そしてバターと一緒に、じっくりとフライパンで炒める。

コツは、バターを多めにすること、時間をかけて炒めて、ブロッコリーに焼き色をつけ、カリッとさせることだ。炒め終わったら、茹でておいたパスタをフライパンに入れ、ぱさつくようであれば、パスタを茹でたお湯を少量加える。手早く全体的に混ぜ合わせ、軽く塩こしょうする。仕上げはパルメザンチーズだ。パルミジャーノレッジャーノがあれば、尚良し。

お皿に盛りつけたら、黒こしょうを多めに振って、できあがりです。バターとアンチョビの香り、少しだけ焦げたブロッコリーの香ばしさがたまらない、簡単パスタです。仕上げに少しだけ生クリームを加えてもGOOD。アンチョビが苦手な人は、ベーコンを入れてもいいです。

材料 (1人前)

パスタ 100g

ブロッコリー 1/2個

ニンニク 1片

アンチョビ 適宜

バター 20gぐらい

パルメザンチーズ 適宜

塩こしょう適宜

♦【村井さんちの田舎ごはん】まとめはこちらでチェック