中田敦彦(オリエンタルラジオ)

写真拡大

11日深夜放送の「俺の持論」(テレビ朝日系)で、オリエンタルラジオ中田敦彦が、同業者やお笑い通から受けた陰口の数々を明かした。

番組では、中田がゲストで登場し、これまでの芸能生活で培ってきた持論を展開した。オリラジは若くして売れ、現在まで13年間活動を続けているが、中田自身は「コンプレックスと劣等感にまみれた芸能人生」だと評す。

中田がオリラジとしてデビューしてすぐ、漫才でもコントでもない「武勇伝」のネタで大ブレークしていたころのこと。同業者やお笑い通たちからは「お前らなんて芸人じゃねぇ」「面白くはねぇよな」「おい、お前なんかやってるけど、あんなもん宴会芸だろ!?」「どうせ来年には消えますよね、あんな奴ら! 『来年消えるランキング』が楽しみでしょうがねぇよ!」といった陰口を叩かれていたとか。

当時は、まだ20代前半で若く、こうした意見から「この俺にお笑いの才能なんてあるのか?」と悩み、自分が見えなくなった時期があったそうだ。

【関連記事】
松本人志を批判した中田敦彦に反響 吉本の社長らが「謝れ!」
オリエンタルラジオの中田敦彦がトレンディエンジェルとの確執を弁明
オリラジ・中田敦彦が明かした先輩芸人からの圧力「お前レベルで仕事選べるんだ?」