◇文大統領 韓国・ASEAN未来共同体構想を発表へ

 フィリピンのマニラを訪問している韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13、14の両日、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の首脳会議に出席する。13日午後には、ASEAN10カ国と関係国の著名人や企業関係者、学者たちが出席するASEANビジネス投資サミットに出席し、「韓国・ASEAN未来共同体」構想を発表する予定だ。「人間志向・人間中心」のASEANのビジョンに合わせ、ASEANとの未来の関係醸成に向けた具体的な方策を提示する。

◇国会 来年度予算案の審議6日目

 国会の予算決算特別委員会が13日に全体会議を開き、2018年度(1〜12月)予算案(429兆ウォン=約43兆6000億円)の審議を続ける。これまで政策の質疑、関係官庁に対する審査が行われた。政府と与党は来年度予算が「人中心の投資、所得主導の成長、革新成長」を目指すものだと強調している。

◇前政権下の情報機関「金銭上納」疑惑 元機関トップを取り調べ

 検察は13日午前、朴槿恵(パク・クネ)前政権時代に情報機関・国家情報院(国情院)の院長を務めた李丙ギ(イ・ビョンギ)氏を容疑者として出頭させ、取り調べる。検察は朴政権下で国情院が40億ウォン以上の特殊活動費を朴氏の側近を通じ朴氏側に渡した疑惑を捜査している。

◇今月の政策金利引き上げ 証券大手全10社が予想

 韓国銀行(中央銀行)は30日に今年最後となる金融通貨委員会を開く。聯合ニュースが13日までに主要証券10社を対象にアンケートを実施したところ、10社そろって、韓国銀行が30日の金融通貨委で政策金利の現在の年1.25%から1.50%に引き上げると予想した。また、来年も追加利上げがあると見込んだ。

◇木曜日に大学センター試験 きょう問題用紙輸送

 教育部は16日の2018年度大学修学能力試験(日本のセンター試験に相当)に向け、13日午前、全国85カ所の試験地区へ問題用紙と解答用紙の輸送を始めた。各地区で保管され、試験当日の16日に試験会場に運ばれる。今年は全国1180カ所の会場で59万3527人が受験する予定だ。