ミラノデザインウイークの作品も、AGC旭硝子の創立110周年記念展が開催

写真拡大

 AGC旭硝子の創立110周年記念展「FEEL! GLASS」が、表参道ヒルズのスペース オーで開催される。会場では、2015年から2017年までミラノデザインウイークで発表した全作品などを展示。会期は11月20日から26日までで、入場は無料。
 1907年に創立したAGCは、100年以上に渡り、建築・自動車・ディスプレイなどのガラス製品を製作。技術視点の発想だけでなく、建築家やデザイナーのインスピレーションから生み出されるデザイン視点での発想も重要と考え、2015年から3年連続「ミラノデザインウイーク」に参加。同展では、ミラノで発表した"映像を映す"ガラスや"薄く軽く強い"ガラス、"触感にこだわった"ガラスなど、国内外のデザイナーとコラボレーションした作品を展示する。