ほとんどGoPro、中身ソニー。「そっくりさんガチャ」の大当たりがコレ

写真拡大 (全8枚)

GoProの登場によって巻き起こったアクションカメラブーム。カメラメーカーはこのブームに乗り遅れまいと様々なアクションカメラを市場に投入してきましたが「GoProの類似品」と呼ばれるものがほとんどでした。しかし、今回紹介するこの製品はちょっと事情が違うんです。


ただの「ソックリな安物」じゃない
見事な機能の格安機



SJCAM
SJ5000X Elite
実勢価格:1万2599円
重量:W61×H42.4×25mm
重量:74g

外見のデザインなどは完全にGoProを意識したものになっていますが、他の類似品と異なるのは中身の性能でも本家に負けぬように作られているところ。中国メーカーと侮るなかれ、イメージセンサーはSONY製で大手カメラメーカーと同等の高画質で録画撮影ができるんです。



付属の防水ケースを使えば、海の中も綺麗に撮影できます。

その他にも、アクションカメラに欲しい機能が一通りしっかりと揃っているのが、この製品の嬉しいところ。メーカーにこだわらないのであればGoProではなくこちらを選んでも問題なしと言えるレベルです。

<ジャイロ手ブレ補正>



動く映像を撮る際に必須とも言える、高レベルな手ブレ補正機能を搭載しています。

<Wi-Fi連携>



Wi-Fi接続でスマホなどでカメラの画像を確認しながらの撮影もできます。

<ドライブレコーダーモード>



ドライブレコーダーとしても使用可能。USB電源のON/OFFで自動的に録画が開始されます。



また、周辺機器の着脱ギミックは本製品とGoProは共通しているのでGoProと同じものを使用できます。



防水ハウジングの堅牢製も本家と同レベル。しかし、開放型ハウジングは付属しないので、陸上では裸同然になるのでその点は注意が必要です。

安くてもその分イマイチな「格安そっくりさん」の中でも、コレは大当たりの部類です。コスパにすぐれた入門機として、あるいは既にGoProをご活用しているならサブ機として。安くてしっかりしたモノをお探しなら、ぜひ一度、ご検討を!

【お詫びと訂正】11月13日掲載の本記事において、初出時にSJCAM「SJ5000X Elite」の紹介写真誤りがございました。現在は正しいものに訂正させていただきました。

ご迷惑をおかけした読者の皆様、ならびに関係各位には深くお詫び申し上げます。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。