メディアでたびたび話題になるのが日本の厳しい校則。最近でも生まれつき髪が茶色い女子生徒に、「茶髪は校則違反」として黒染めを強要した高校が話題になった。こうした厳しさには賛否両論あるが、「廊下を走るな」「バイト禁止」などの“校則違反”をしてしまったことのある人は多いだろう。では、大人になったらどうだろうか? 学生のときとは違った会社員ならではの“ズル”があるはず。そこで、20〜30代の会社員男性200人に「身に覚えのある社内規則違反」についてアンケート調査した(協力:アイリサーチ)。

■かつてした覚えのある社内規則違反TOP10
(複数回答)

1位 会社のコピー出力機を私用した 34.5%
2位 勤務時間中にPCでSNSをチェックしたり、ネットサーフィンをしたりした 29.5%
3位 ズル休みをした 27.0%
4位 業務時間中に、外出と称して仕事以外のことをした(事例:パチンコ、私物の買い物、喫茶店、映画鑑賞など) 17.0%
5位 出張などの立替の際に、自分のマイルやポイントをためた 12.0%
6位 (会社の了承なしに)副業をした 11.5%
7位 会社提供の携帯電話を私用した 11.0%
8位 (禁止されている)自分の個人PCで仕事をした 10.5%
9位 (禁止されている)通勤に際し、自転車を利用した 9.5%
10位 (禁止されている)WEBフリーメール(Gmailなど)を仕事に使った 6.0%
10位 就業時間内の飲酒(外出先などで) 6.0%
10位 他人の机の資料をのぞき見した 6.0%

1位にランクインしたのは「コピー出力機の私用」。自宅にコピー機がなかったり、コンビニに行くのがおっくうだったりすると、つい会社のものを使ってしまうのだろうか。また、2位の「勤務中のSNSチェックやネットサーフィン」、3位の「ズル休み」、4位の「外出と称して仕事以外のことをする」など、上位には「サボる」項目が並んだ。ちょっとした違反とはいえ、繰り返して会社にバレるのは怖い気が…。そこで、社内違反について注意された経験があるかも聞いてみた。

■社内規則の違反で注意されたことはありますか?
・ある 11.5%
・ない 88.5%

実際に注意された人は1割程度だった。どの“違反”も、会社が目くじらを立てるほどではないのかもしれない。でも、いずれも違反であることは間違いない。やり過ぎて社内の評判が悪くならないように気をつけたいところだ。
(嶋野清明)