乾貴士が語るベルギー戦のポイントは「サイドの裏」と「3バックへのプレス」

写真拡大

 14日に迫ったベルギー代表戦に向けて、日本代表は12日に現地で調整を行った。

 MF乾貴士(エイバル/スペイン)は「3バックがあまり速くないという情報があった」と明かし、ベルギー戦のポイントを語った。

「3バックの裏をしっかりと突いていこうという話はありました。センターバックとサイドハーフの嫌なポジションを取れれば一番いいですし、そこから裏に行けるのが理想なんじゃないかなと思います。代表のサッカーというか、今、目指していることは裏を狙うところなので」

「(ブラジル戦の)後半、前から行けるようになってだいぶハマったし、(相手も)ミスするところはミスをしていた。DFラインで比べるとブラジルよりもベルギーの方が足元がないと思うので、そこに前から行ければミスは出てくる。その辺が狙い目になってくる、と自分としては思っています」

 同時に乾は守備の重要さにも言及。ブラジル代表戦のように、早い時間に失点しないことが大前提だと主張した。

「ただ、この前のように簡単に失点していまうと状況が悪くなるので、まずは失点しないことをみんなが意識してやらないといけないです。その中で隙を突いていければ自分たちにも勝つチャンスは十分にあると思う。まずは無駄な失点をしない。その辺を意識してやることが大事なのかなと思います」