戦う姿勢を求める吉田麻也、“レベルの差”を埋めるために「死に物狂いで」

写真拡大

「もっとがむしゃらに、死に物狂いでやらないといけない」。DF吉田麻也(サウサンプトン)が14日のベルギー戦に向け、チームに戦う姿勢を求めた。

 ベルギー代表はFWロメル・ルカク(マンチェスター・U)やMFエデン・アザール(チェルシー)、MFケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)といったプレミアリーグで活躍する選手が多い。彼らと何度も対戦した経験のある吉田は、相手のレベルを理解しているからこそ、「その差を埋めるためにハードワークをしなければいけない」と主張する。

「このメンツを見たらどのポジションでも僕らよりレベルの高い選手が揃っているので、僕らは彼ら以上にハードワークしないといけない。ブラジル戦はそこがちょっと足りていなかったんじゃないかなと。南アフリカ(ワールドカップ)の前に(田中マルクス)闘莉王さんが言っていましたけど、やっぱり差があるってことは、それを埋めていかないといけないので、もっとがむしゃらに、死に物狂いでやらないといけない。そういうがむしゃらさが、ちょっと足りないんじゃないかなと思います」

 ブラジル戦では自身のファウルで与えたPKにより早い時間に失点を喫し、「本当にアホなことをした」と猛省していた。吉田はその反省を踏まえ、できるだけ拮抗した時間を長くしなければならないと考えている。そして、それが日本の現在地を測る上で重要になると述べた。

「ブラジル戦の反省を踏まえて0−0の時間を長くしていかないといけない。もちろんブラジル戦については僕の非ですけど、0−0でシリアスな試合をしたいなと思います。ベルギーは誰が出てもトップクラスの選手が揃っているので、彼らに対して僕らがどれだけできるか、僕らのサッカーがどれだけできるか。(点差が開いて)相手がギアを下げる前に、どれだけ僕らができるかっていうのを測っていかないといけないと思います」