「どれだけ一つになれるか」…長友佑都が明かすベルギー戦勝利のカギ

写真拡大

 14日にベルギー代表戦を控える日本代表は12日、ベルギーのブルージュ郊外でトレーニングを行った。DF長友佑都(インテル)は勝利を目指すうえで「みんなの感覚がどれだけ一つになれるか」が重要だと主張した。

 この日は、ベルギーが3バックを採用することを想定した紅白戦を実施。長友は速い攻撃でサイドのスペースを狙うことがポイントになると述べた。

「(相手が)3バックなので、サイドで数的優位を作ることができたり、スペースも出てくる。そこの部分はやっぱり突いていきたいです。あとは前の選手がけっこう残ったりもするので、攻めさせて、(奪ってから)速く前の方にボールを送れればショートカウンターのような形でチャンスができるのかなと思います」

 守備に関しては、10日のブラジル代表戦で得た経験を生かし、ボールを奪いに行くタイミングをチーム全体で合わせなければならないという。どれだけまとまることができるか。それがベルギー撃破のカギを握っている。

「(奪いに)行くところ、行かないところという部分では、ブラジル戦で課題がたくさん出ました。なので、そこはみんな意識しています。前の選手も後ろの選手も声を掛けて、という意識は強いですよね」

「中途半端にみんなが行かないといけないと思ってバタバタしてしまう、遅れて行ってしまう、という状況になると、やっぱり相手の技術レベルでは話にならない。これって全員の感覚なんですよね。後ろの選手の声もありますけど、声が通らない時もあるので。みんなの感覚がどれだけ一つになっているかというのはすごく大事なことです」