モチーフは太陽!スマホとつながる 「エコ・ドライブ Bluetooth」最新モデル

写真拡大 (全3枚)

2016年12月に発売され、グッドデザイン賞も受賞したシチズンの「エコ・ドライブ・Bluetooth」。電話やメールの着信を知らせる着信通知機能や、ケーブルによる充電のわずらわしさを取り払った光発電機能を搭載するなど、コネクテッドウオッチ市場に独自のポジションを気づき上げたことで話題になりました。この「エコ・ドライブ・Bluetooth」の最新モデルが登場。さらにどんな進化を遂げているのか、気になります。

▲「BZ1024-05E」

カラーリングテーマは、エコ・ドライブを象徴する「太陽」。2016年の数量限定モデルをベースに、太陽が創りだす情景の中から新しい一日が始まる日の出をイメージしたデザインが施されています。「エコ・ドライブ・Bluetooth」は、公式アプリをインストールすると、なんとスマートフォンとリンク。自動時刻修正はもちろん、世界316都市への時刻修正が可能になります。

▲「BZ1025-02F」

さらに着信やメール受信、LINEなどの主要SNS のメッセージも「針の動き」や「音」「振動」で確認できる機能も搭載。時計を見るだけでスマホに入ってきた情報を瞬時にチェックできるので、会議や打ち合わせの場でもスマートに対応できそうです。太陽光はもちろん、部屋のわずかな光でも充電できる光発電エコ・ドライブは、一度フル充電すれば最大約4年可動(パワーセーブ作動)。

もう面倒な電池交換やケーブルによる充電は必要ありません。「BZ1025-02F」8万円(税別)、「BZ1024-05E」8万5000円(税別)です。

>> CITIZEN 「エコ・ドライブ Bluetooth」

 

(文/&GP編集部)