マスカラテク1.ブラシを左右ジグザクに根元から毛先まで動かす

写真拡大

【写真を見る】マスカラテク2.コームでとかし、ダマをしっかり取り除く

マスカラべったりメイクはもう古い! やり過ぎ感漂う目元に別れをつげて、大人女子はナチュラルで品あるまつげを目指しましょう。今や目力も“品”がポイントです。

 

■ 【HOW TO 大人におすすめのマスカラテク】

大人のまつげの塗り過ぎ・盛り過ぎは、顔に影を作るなど、かえって老けて見える原因に。一本一本がムラなく塗れていて、まつげどうしがくっつかず、キレイにセパレートした状態がベストです。

 

●1.ブラシをジグザグに動かそう

ブラシで毛の根元をキャッチしたら、左右ジグザグに動かしながら毛先までブラシを滑らせます。毛が動くのでキレイにセパレートし、根元は濃く、毛先は繊細な仕上がりに。

 

●2.コームでとかし、整える

ダマをしっかり取り除き、毛が1本ずつ分かれるように、根元から毛先に向かってコームを動かします。程よくマスカラのついた状態に。

 

●3.下まつげにはつけ過ぎないように

下まつげに塗り過ぎると目の下に影ができ、老けて見えるので要注意。綿棒などで軽くのせるくらいがベストバランスです。

 

■ <お助けアイテム>

●日本人の短めのまつげを根元から残さずキャッチする秀逸ブラシ。オーブクチュールデザイニングマスカラ2,200円/花王

 

●一本一本をより長く見せる繊維入り。ぬるま湯で落とせるのも◎。ちふれマスカラロング& カール タイプ 700円/ちふれ化粧品

パンダ目になりやすい“ぼてぼてマスカラ”とも、これでサヨナラ! 1本1本しっかり塗れているのに、仕上がりは自然。それがイマドキ大人女子のまつげです。