壇蜜が輪島塗の実力を体感!/(C)テレビ朝日

写真拡大

11月18日(土)に放送される「世界が驚いたニッポン!スゴ〜イデスネ!!視察団 2時間SP」(テレビ朝日系)では、「輪島塗&江戸切子&木のおひつ 驚きの実用性!一生モノの器SP」と題し、外国人視察団が“日本の伝統の器”を手掛ける凄腕職人たちを訪問。500年の伝統技術を持つ輪島塗、180年の伝統技術を持つ江戸切子、700年の伝統技術を持つおひつのスゴさを目の当たりにする。

【写真を見る】優しい口当たりの秘密が!? 輪島塗を視察!/(C)テレビ朝日

今回の外国人視察団は世界一流の職人たち。輪島塗を視察する漆工芸アーティスト、ローランス・クリスタン氏の独創的な「漆器」は、国際漆デザイン展の賞まで獲得している。

そして、江戸切子を視察するガラス職人、アントワンヌ・ピエリィニ氏は、ことしのカンヌ国際映画祭の受賞トロフィーを制作した超一流の職人。

さらに、おひつを視察する木樽職人、アラステア・シムズ氏もウイスキー製造が盛んなイギリスで、一流職人の証である“マスター”の称号を与えられた一級の木樽職人だ。その実力はエリザベス女王の夫であるフィリップ殿下が視察に訪れるほどのもので、イギリス全土の樽職人が技術を競う品評会でも優勝を果たしている実力者。

果たして世界の技術を第一線で支える海外のプロフェッショナルたちの目に、日本の伝統技術はどう映るのか。

また、スタジオでは家ですぐ試したくなる“伝統の器の実用性”を紹介する。

料理研究家・土井善晴は「おひつに移したご飯は冷めてもおいしい! またその冷めたご飯をチャーハンにすると、パラパラとした食感が失われることなく、非常においしく仕上がる」と料理に関する知識を披露。

そして「口当たりが優しく、丈夫で長持ち。手で持っても熱くない」という輪島塗の長所を、ゲストの壇蜜が体験。輪島塗の器に口をつけた壇蜜は、あまりに優しい口当たりに「エスコート力がスゴイ!」と驚いた様子。

家に眠っている伝統の器たちを、すぐに使って試したくなる実用的な情報が満載の2時間スペシャルとなっている。