この世界には、たくさんのコレクターがいる。メジャーな物から、多くのひとが「なんで?」と思ってしまうものまで。他人がなにを言っても、本人には宝物。あらゆるモノに、コレクターがいるんだろうなと思う。

たとえば今、私の隣にはハンドクリームがあるのだけど、世界のどこかに……いや、ハンドクリームなら<東京在住の女性>と、かなり絞ったなかにでも、きっと集めている人がいる。

だって、こんなに不思議なもの(そう見えてしまうもの)を、集めている人たちがいるのだから。

集めることで、
心が満たされてゆく

・掃除機 / Jack Copp

・バービー人形 / Jian Yang

・マクドナルドの箱 / Serge Zaka

他にも、自分の服の毛玉を集めている人や、水鉄砲コレクターなどとコンタクトを取ったのだけれど、残念ながら彼らの写真を紹介することは叶わなかった。気になった人は、ぜひ「Crazy Collector world」と検索してみてほしい。 

誰もが「何か」を集めている

マックコレクターであるSergeさんに話を聞いてみたところ、持っている箱の数は530を越えているらしい。

相当なマニアだというのは聞かなくてもわかったけれど、なぜ集めようと思ったのかをきいてみると、こんな言葉が返ってきたのだ。

こちらがSerge Zakaさん。

どうして?もちろん好きだから!こんな箱を集めていると言えば、だいたいの人が不思議な顔をするけれど、好きな子から貰ったラブレターを簡単に捨てられない人と同じさ。

なるほど……「集める」と「残す」、「捨てられない」は確かに“物が増えていく”という状況だけをみたら同じ。感情的にも、似通っているのかもしれない。

手紙や年賀状を残しておくのは、そこに誰かからの気持ちがあるから。私が唯一集めている旅先でのポストカードも、思い出や当時の感情を残しておける気がするからだ。

不思議な人たちがいるものだなぁ……と最初は思っていたけれど、彼は当たり前のように、「人は目に見えるもの、見えないものに限らず、なにかを集めたり、残したいと思っているものだ」と言った。

コレクターというのは、その感情を“特定のモノ”に投影させているだけなのかもしれない。

Reference:The Preferred Vacuums,NCBI
Licensed material used with permission by Jian Yang,Zaka Serge