練習で指示するハリルホジッチ監督

写真拡大

 14日の国際親善試合でベルギー代表と対戦する日本代表は12日、ベルギーのブルージュ郊外で練習を行った。悪天候などのため予定より1時間早めて始まったトレーニングでは、MF長谷部誠(フランクフルト)とFW杉本健勇(C大阪)がコンディション調整のためランニングなど軽めのメニュー。時折激しい雨が降る中、ベルギーを想定しての紅白戦も行った。

 主力組と見られるメンバーは10日のブラジル戦(1-3)から2人を変更。長谷部に代わって中盤にはMF長澤和輝(浦和)が入り、右サイドはFW久保裕也(ゲント)ではなく、FW浅野拓磨(シュツットガルト)だった。

 ブラジル戦はダブルボランチだった中盤の形も逆三角形に変わり、MF山口蛍(C大阪)がアンカーで、長澤とMF井手口陽介(G大阪)がインサイドハーフの位置に入った。ビブスを付けた控え組はベルギーを想定し、3-6-1のシステムを組んだ。

 現地時間午後4時半に始まった練習はグラウンドに照明がなかったため、途中で照明のあるグラウンドに移動したが、紅白戦の途中で激しいヒョウが振り始めたため中止に。ベルギーでの初練習は天候に大きく左右される形となり、1時間足らずで終了した。

紅白戦の布陣は以下のとおり

[主力組](4-3-3)

    大迫

原口      浅野

  井手口  長澤

    山口

長友     酒井宏

  槙野  吉田

    川島

[控え組](3-6-1)

    興梠

  乾   久保

車屋     酒井高

  倉田  森岡

 昌子 三浦 遠藤

    西川

    (東口)

(取材・文 西山紘平)


●2018W杯ロシア大会特集ページ