FW乾貴士は紅白戦では控え組に入った

写真拡大

 ベルギー攻略のイメージはできている。紅白戦ではベルギーを想定して3-6-1のシステムを組んだ控え組の左シャドーに入った日本代表FW乾貴士(エイバル)。14日のベルギー戦もベンチスタートが濃厚となる中、「(ベルギーの)3バックはあまり速くないという情報も聞いている。裏を突いていこうという話はしている」と明かした。

 10日の国際親善試合ではメキシコと3-3で引き分けたベルギー。攻撃には破壊力があるが、守備陣はDFビンセント・コンパニ(マンチェスター・C)、DFトビー・アルデルワイレルト(トッテナム)を故障で欠いていることもあり、DFローラン・シマン(モントリオール・インパクト)、DFデドリック・ボヤタ(セルティック)、DFトマス・ベルメーレン(バルセロナ)の急造3バックで臨み、シマンがPKを献上するなど3失点と安定感を欠いた。

 乾は「(メキシコ戦では)あまりうまくいってなかったということなので変えてくるかもしれないけど」と前置きしつつ、「代表のサッカーというか、今目指しているのは裏を狙うところ。それはやっていかないといけない」と指摘。切り札として乾のようなドリブラーが終盤に投入されるのは、ベルギーにとっても脅威のはず。「隙や油断はどのチームにもある。そこを突ければいい」と力を込めた。

(取材・文 西山紘平)


●2018W杯ロシア大会特集ページ