茅乃舎通は知っている。だしパック“中身”の意外な活用法

写真拡大 (全8枚)

Amazonの売れ筋ランキングをはじめ、各所で上位常連となっている「茅乃舎(かのや)」の“だしパック”。水を入れたお鍋にパックごと投入して、数分煮出すだけで簡単に美味しいお出汁がとれます。でも、これはあくまでも基本的な使い方。“茅乃舎通”の人はむしろ、パックを使わないようです。


自然食レストランで生まれた
上質素材の人気アイテム


人気の高い「茅乃舎だし」は、福岡市郊外の自然食レストラン「茅乃舎」から生まれました。レストランの料理長が上質な素材を厳選し、家庭で使いやすいようにと苦心して作り上げたそう。決してお安くはないのですが、使ったことがある人は納得だと思います。



久原本家
茅乃舎だし(8g×5袋入)
実勢価格 :386円


茅乃舎で一番有名なのが、この「茅乃舎だし」。原料には国産の焼きあご、かつお節、うるめいわし、真昆布を使用。化学調味料・保存料は入っていません。



茅乃舎のだしは粉末状の素材が紙パックに詰められています。パックは手でサッと切れるので、簡単に中身を取り出すことができます。



このおだしは料理にかけてよし、混ぜてよしなんです! 煮出しももちろんOKですが、パックから取り出すと使い道がグンと広がりますよ。


茅乃舎だしは万能調味料!
和食にも洋食にも使えます


茅乃舎のだしシリーズはラインナップが豊富で、いろいろな素材を使ったものがあります。その中でも特にオススメなのが「煮干しだし」と「野菜だし」です。

まずは「煮干しだし」から紹介します。



久原本家
茅乃舎 煮干しだし(8g×5袋入)
実勢価格 :386円


背黒・白口片口鰯煮干しや干し椎茸など、6種の国産素材をブレンドした「煮干しだし」。コクとうまみが濃く、力強い風味が楽しめます。



お味噌汁や煮物に「煮干しだし」を使えば、うまみたっぷりに仕上がります。

ご飯と混ぜて「だしおにぎり」にするのもオススメです。素材のうまみがダイレクトに感じられて、食が進みますよ!

続いては「野菜だし」です。



久原本家
茅乃舎 野菜だし(8g×5袋入)
実勢価格 :432円


国産野菜5種(玉ねぎ、にんじん、セロリ、キャベツ、ニンニク)を使ったコンソメ風のだし。あっさりとした中に、野菜のコクとうまみが広がります。



「野菜だし」には粉末のほか、みじん切りの野菜が含まれています。パックから出して使えば、中の野菜ごと食べられます。

スープはもちろん、パスタやハンバーグなどにもオススメです。



以上、茅乃舎だしのオススメの使い方でした。まだ使ったことがない方は、ぜひこの機会に手に取ってみてくださいね。お試しの際は、パックから中身を取り出すのをお忘れなく!


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。