ひょうが降る悪天候により、練習は中止に。久保は身を隠すようにしてピッチを後にした。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 11月14日にベルギー戦を控える日本代表が、同12日にベルギー国内でトレーニングを実施した。
 
 この日は朝からあいにくの空模様で、雨が降りしきるなかで夕方から練習がスタート。しかし、そのピッチは十分な照明がなく、悪天候の影響もあり徐々に辺りは暗くなり、40分ほどして照明設備が整った隣のピッチに移動することに。
 
 これでようやく練習に本腰を入れられるかと思いきや、しばらくすると雨脚と風が強くなり、ついには、ひょうが降る始末。「上がれ、上がれ」のスタッフ陣の声に促されて、選手たちは室内に移動。スタートから約1時間を経過した時点で、この日の練習は中止となった。
 
 ベルギー入りしてから最初の練習で、ハリルジャパンにいきなり“アウェーの洗礼”が降り注いだ。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
【日本代表PHOTO】前半だけで3失点...後半に槙野が1点を返すもブラジルに完敗