カウンターで求められる突破力…久保裕也「一枚、二枚、かわせるくらいに…」

写真拡大

 14日に迫ったベルギー代表戦に向けて、日本代表は12日に現地で調整を行った。

 FW久保裕也(ヘント/ベルギー)は普段リーグ戦を戦うベルギーでの試合に「(思い入れは)特にないです」としつつ、「僕にとってすごくいい経験になる対戦相手。プラスにしかならないと思うので、生かしたいと思います」と強豪との対決へ意気込みを語った。

「個人的にはやっぱりドリブルで一枚、二枚、かわせるくらいじゃないと、引いて守った時に自分がカウンターで受けた時も苦しいかなと思う。特に強い相手になれば守る時間も長いし、カウンターも増える。そういう時にサイドの選手は(単独での突破を)求められる」

 ブラジル戦後は「守備に重点を置きすぎた」、「もっと攻撃のところで自分のよさを出していきたい」と反省の弁を述べた久保。「これからの自分に生かしていければいいと捉えているので、ネガティブになる必要はまったくない」と前向きな姿勢を示し、ベルギー戦のポイントを語った。

「(ベルギーの選手は)レベルも高いですし、激しくくるかなとは思う。でも、うまくやれば絶対にチャンスがある。(相手は3バックなので)サイドハーフというか、サイドバックが高く上がったらそこの穴は空くと思う。狙い目だと思っています」