今年7月に「最も美しい高速道路」と呼ばれている全長2768キロの京新高速道路が全線開通した。

写真拡大

京新(北京−新疆)高速道路は北京、河北、山西、内モンゴル、甘粛および新疆を貫き、沿線に草原、森、砂漠、ゴビ砂漠、氷河など10種類の自然風景が見られ、500キロメートルの「無人区」と呼ばれる人跡まれな地域を通る。今年7月に「最も美しい高速道路」と呼ばれている全長2768キロの京新高速道路が全線開通した。北京から新疆までの走行距離は1300キロ余りほど短縮された。

【その他の写真】

▽不毛の地へ立ち入る

2015年の春節の前に工事が始まって以来、仕事に追われて家族との関わりが薄くなる人が非常に多い。工事現場が内モンゴル西部の広大なゴビ砂漠地域にあるので、前期段階には電波さえ届かなかった。工事現場に入ると、短くて10〜20日、長くて1〜2カ月間、家族との連絡が取れない状態だった。電波が届かないだけではなく、広いゴビ砂漠では道が無い、水が無い、電気が無い、人けが無いといったような困難もある。

あまりにも広いゴビ砂漠においては、人間は小さい存在だ。それも無人区を通ったこの道の偉大さを示している。施工者らがゴビ砂漠に生きている胡楊(コトカケヤナギ)のように、この不毛の地に希望の種をまき、人類文明の烙印(らくいん)を押したのだと言われている。

▽経済利益をもたらす

京新高速が開通して以来、観光客の人数は昨年の180万人から今年の480万人に増加し、観光収入は倍以上に達した。経済、情報、物資の流通は現地の発展にとって大きな意義がある。

しかし、多くの遊牧民の若い世代は都市に流れたため、広大なゴビ砂漠で耕地したり放牧したりする若い人が少なくなっている。農民と遊牧民の流出を引き止めるために、政府はさらに力を入れ、彼らにより良い待遇を与える必要があるとエジン旗の譚志剛副旗長は述べた。

▽境界を通る重要な道

京新高速道路のエジン旗区間から北に80キロ離れている所に中国とモンゴルの国境線にある策克港出入国検査所がある。検査所の武警の主な任務は出入国する人や車両に対し安全検査を行い、銃器と弾薬およびテロに関わる可能性がある危険物の入国を厳重に防止することである。

京新高速道路の開通は広い範囲で国の安全と利益を守っている。京新高速道路の開通により、中国北部から新疆に入る最も便利な道路が作られ、新疆のコルガス(霍爾果斯)港から天津港までの北部沿岸での道が築かれ、天津港からオランダのロッテルダムまでの亜欧大陸橋も建てられる。また、中国の辺境を通る高速道路として、京新高速道路は「西部大開発」と「一帯一路」の建設に対しても、西北地域の安全に対しても重要な意義がある。

▽中国は確かに高速道路で変わっている

ドローンの航空撮影で撮った写真を見ると、ゴビ砂漠を走っている京新高速道路は巨大な龍のようだ。外国のメディアもこの「スーパー道路」に関心を寄せている。

「中国は確かに高速道路で変わっている。多くの人は経済的な面から、この高速道路を利用する人が少なく、放置されるだろうと言うが、実は高速道路には多くの社会的価値がある」と交通部弁公庁の徐成光主任はインタビューにて述べた。

また、徐主任は、「高速道路の中国経済および社会発展への影響は現在だけではなく、これからも徐々に現れるに違いない」と語った。

中国の高速道路建設のスタートは遅いが、発展の勢いは急速だ。現在、全国の高速道路は13万1000キロも開通し、世界一となっている。国務院の許可を受けた「国家道路網の計画(2013年―2030年)」によると、中国の高速道路網は7つの首都放射線、11の南北縦線および18の東西横線からなる36本の主要線路と、地方環状線、並行線、連結線により形成される。

工事建設が急速に進んでいる時代において、橋や高速鉄道は美しい「中国の名刺」になっている。これからもさらに多くの「最美な高速道路」が見られると信じられている。(提供/環球網・編集/黄テイ)