日本代表の新ユニフォーム、なでしこジャパンとフットサル代表はこんな感じ!

写真拡大

先日発表された日本代表の新しいホームユニフォーム。

勝利への魂で染め上げた『勝色』をベースカラーに、歴史を紡ぐ糸をイメージした「刺し子柄」が目を引くデザインが話題だ。

そしてもちろん男子代表だけでなく、女子代表のなでしこジャパンやフットサル日本代表のユニフォームも発表されている。改めてこちらを紹介したい。

Women's Japan 2018 adidas Home

なでしこジャパンの新ユニフォーム。こちらは2019年にフランスで開催される女子ワールドカップに向けたモデルだ。

男子代表同様の新しいエンブレム。その上には、2011年の女子ワールドカップ優勝を表す星が輝いている。

侍の着物の前あわせ部分からインスピレーションを受けたVネック部分には、赤ではなくお馴染みのピンクを配置。過去の5大会分のユニフォームのアイコニックなデザインが組み合わされたサインオフロゴもピンクとなっている。

【次ページ】フットサル日本代表の『勝色』ユニフォーム!

Japan Futsal 2018 adidas Home

ブルーノ・ガルシア監督率いるフットサル日本代表の新ユニフォームももちろん『勝色』!

これまで同様サッカー男子の赤、サッカー女子のピンクに対し、フットサルの代表はコートに映えるネオンカラーを差し色として採用している。

フットサル日本代表は11月4日から6日にかけてAFCフットサル選手権の予選に臨み、3戦全勝で来年の本大会出場を決めた。

これが年内最終戦となったため、新ユニフォームは来年1月25日と28日にホームで対戦するアルゼンチンとの親善試合がデビュー戦になると思われる。

ちなみに、共通となっているGKの新ユニフォームはこちら。オレンジを基調としたデザインで先日のブラジル戦では川島永嗣が着用した。