「対ブラジル戦でわかった日本代表の5つのこと」

写真拡大

あれは単なる惨敗だったのだろうか。それとも何かしらの収穫があったのだろうか。

日本がサッカー王国ブラジルに突きつけられた「1-3」という結果は、見る者によってその受け取り方が違ってくるだろう。

筆者は、この試合でプラスとマイナスの両面を感じ人間だが、その中からテーマを「5つ」に絞り、書き留めておくことにした。

▼判断力が乏しいハリル戦術

おそらく、試合前にハリルホジッチがチームに強く求めたのは「試合序盤の失点は特に気を付ける」ということだったのだろう。

また同時に、「単に引くのではなく、行く時は行く」というものもあったように見えた。試合立ち上がりの数分はDFラインを上げ、前線から積極的にボールを奪いに行く姿勢が見えたからだ。

だが、その肝心な守備は上手くハマらず、徐々にプレス強度も低下。その後は、チーム内での意思統一が見られず、次第にただ引くだけの守備に終始。結果として、卓越した技術を持つブラジルに自由にボールを持たせることになり、失点シーンへ繋がった。

ここで気になったのが、上述した「チーム内での意思統一が見られなかった」という点だ。

今の日本代表は世界と戦うための方針として「ダイレクトプレーを重視したカウンターアタック」を重視しているが、思い通りに行かないケースが目立つ。そして、そのシチュエーションに陥る多くのケースが、「ボールの取り所」が定まらない時だ。そして、このブラジル戦はその代表的な試合となってしまった。

だが言わずもがな、ブラジル相手では簡単にボールを奪い切ることは難しく、プレスを掻い潜られてしまうことは決して恥ずかしいことではない。むしろ、立ち上がりだけでも積極的にボールを奪いに行く姿勢が見られたことを評価するべきだ。

問題なのはその後である。

「前から奪っても上手くいかない」と感じ付いたところで、それでも継続させていくのか、一旦方針を変えて引くのか…。

その判断が選手個々でバラバラだった点であり、意識を共通化できていないシーンが度々見られてしまったことだ。

監督がどれだけ優れた人間であっても、実際に試合をするのは選手である。つまり、その判断をピッチ上で下せることが理想である。

だが、それが難しいチームであるならば、監督がやらなければならないことは増える。

今のチームを見る限りでは、ハリルホジッチは選手たちに明確なルールを授ける必要があるのではないだろうか。

▼改めて浮き彫りになった柔軟性のなさ

ハリルホジッチに率いられた現チームの主武器は「ダイレクトプレーを駆使したカウンターアタック」である。

だが、この試合ではそれが相手の脅威になることはなかった。ブラジルの活力が弱まった後半戦はさておき、少なくとも前半戦はほぼそれが見られなかったと言える。

そもそも「理想的な位置でボールを奪える機会が少なかった」というのもあったが、仮に奪えたとしても、思うような攻撃が決まらなかったというのが実情だ。

その大きな理由に挙げられるのは、この戦術の頼みの綱である、大迫勇也にボールが入らなかったことにあるだろう。W杯最終予選ではチームを幾度となく助けてきた彼のポストワークは機能しなかった。

しかし、彼一人を責めるわけにはいかない。

ブラジルの“見えない圧力”が影響してか、彼に入る縦パスの精度自体が雑であったし、「それを収めろ」というのも無理な注文であるからだ。

だが、「とは言え」である。

例えどんな状況であろうとも、この戦術を貫く限り、ワントップのポストワークは生命線。大迫の任務は責任重大だ。

ここが機能不順に陥れば、サイドの原口元気や久保裕也がキープするか、一人でボールを長距離輸送する必要が生じるからである。

だが、これも非現実的なオプション。

何故なら、彼ら二人にそれを求めるのは明らかな“容量オーバー”だからである。

同格か少し格上の相手であればそれは可能かもしれないが、W杯本大会で挑む相手には難しいだろう。守備の場面で疲弊してしまい、残されたエネルギーはわずかとなっているはずだ。

となると、ある場面では「ダイレクトプレー」を捨てる必要性が出てくる。「無闇にボールを縦に入れて奪われるぐらいならば、時間をかけて攻めるほうが幾分かましだ」と考える状況が巡って来るだろう。

しかし、“ハリルJAPAN”に、そこで大きな決断を下したり、試合中に方針を変えるような芸当を求めることは難しいはずだ。

何故なら、それらを今まで軽視し過ぎたためだ。

今から数ヶ月でそれを取り戻すことは、残り数日で仕上げなくてはならなくなった夏休みの宿題をこなすよりも厳しい。

きっとこのまま本大会に挑み、大会終了後には「日本はどのようなサッカーを目指すべきか」という議論が再燃するだろう。

▼「腕試し」が出来なかったこと

この試合で最も後悔が残るとしたら、“本気の”ブラジルと戦うことが出来なかったことである。

サッカー王国との真剣勝負に期待感が集まった中、前半早々に失点を喫してしまい、ブラジルに火を灯すことができなかったためだ。

もちろん、局面ではレベルの差を肌で感じられるシーンはあった。

だが、彼らが100%の力を発揮していたかと問われると怪しいだろう。

仮にこの試合で、通用しない部分、または通用する部分を感じ取れたとしても、それは確証に欠けるものであるはずだ。

とにかく、このような試合展開となってしまったことは残念だ。

この「欧州遠征」は世界最高レベルを体験できるまたとない機会であり、代表スタッフもそれを一つのメインテーマに掲げていたはずである。

つまり、主たる目的を自らのパフォーマンスによって、逃してしまったわけだ。

それだけに、この結果は本当に悔やまれる。

「たられば」の話は厳禁であるが、「同点」という状況で後半を迎えられたら、彼らはより大きなものを手にしていただろう。

しかし、まだ希望はある。この数日後には、ベルギーとの一戦が待っているからだ。

15日の試合では、その目的が叶えられる展開になることを祈るばかりである。

▼川島という男の安定感

「3失点」という事実は拍手を送ることは出来ないかもしれないが、その一方で、川島永嗣が賞賛に値するセービングを見せてくれたことを忘れてはいけない。

ネイマール相手のPKでは、駆け引きに敗れる形で1本目はゴールを許したがすぐにリベンジ。

すぐさま訪れた2本目のPKでは、最後までネイマールの挙動を監視し、横っ飛び。ネイマールの独特なゆったりとしたリズムで蹴られるボールにアジャストする形で右手一本でセーブしてみせた。

またそれだけではない。

オフサイドにはなったものの、DFラインの裏を突いたネイマールと1vs1のシーンでは、落ち着いた対応でシュートストップしたシーンもあった。

ブラジルの10番の記憶にも川島の印象は残ったことだろう。

所属クラブのメスはリーグでダントツの最下位で、自身もレギュラーポジションを奪取したと言えない中、日本代表の窮地を救ってくる彼の存在感はこの試合でも光った。

復調の兆しを見せてきた西川周作、ハイチ戦でのリベンジ機会をうかがう東口順昭、将来の正守護神候補である中村航輔というGK勢がいようとも、彼の優位性が変わることはしばらく考えにくい。

当然ながら、W杯本大会では対戦経験がないキッカーたちと対峙するものだが、試合前のデータ、または試合中に特徴を捉えて自身のプレーに活かせる守護神の存在は絶大だ。

▼森岡と杉本という可能性

ベルギー一部のベフェレンで覚醒中の森岡亮太が約3年ぶりに代表キャップを記録した。

後半途中に起用された直後は、前線に顔を出すべきか、または後ろに下がってボールを捌くか迷っているようにも見えたが、徐々に「生き場所」を見つけるとその片鱗を随所で披露。

人と人の間で顔を出してボールを受け取ると、リズムを変えるパスワークを見せてくれた。

彼が入るまでは攻撃パターンが単調であったが、酒井宏樹のクロスの起点となったワンタッチでのスルーパスなど、明らかな“違い”を生み出した。

また、シュート機会こそなかったが、左サイドで乾貴士がドリブル突破をした際にはフリーの位置でボールを受け取れるポジションを取っていたことも触れなくてはならないポイント。

このポジションの選手に得点力が期待できるようになれば、日本の攻撃の幅も確実に広がるだろう。

無論、彼にとってはこれが「初陣だ」。

周囲との連携面、守備時の判断は課題である。また、決定機を演出するまでには至らなかったのも事実。しかし、それでもベルギー戦では再び出場機会を与えて欲しいところだ。少なくともこれまでの既存戦力とは一味違うところを見せてくれた事実をハリルホジッチにも響いていると願いたい。

彼と同じく、「更なるチャンスを」とハリルホジッチに乞いたい人材が杉本健勇だ。

オフサイドに終わったヘディングでのゴールシーンの印象が強いが、見所はそれ以外だけではない。

世界屈指の守備者であるチアゴ・シウヴァ、カゼミロとの空中戦では互角に渡り合い、前述の森岡のパスからゴール前に抜け出すシーンもあった。

ブラジルのプレッシャーが緩まっていた時間帯ではあったが、彼のプレーが可能性を感させてくれたのは嬉しい収穫である。

特に前半戦は大迫が全く良さを出せていなかっただけに、ベルギー戦ではスタートからの起用、もしくは彼と大迫との2トップも見てみたい。