元日本代表のGK川口能活【写真:編集部】

写真拡大

【連載第2回】「常に高い壁に挑む」―希代の名GKがプロになるまで節目にあった信念とは

 自身のサッカー人生を綴った著書「壁を超える」を上梓した元日本代表GK川口能活(SC相模原)。42歳にして今なお、ピッチに立ち続ける希代の名GKはいかにして、現在の地位まで上り詰めたのか。全4回にわたり探る連載。第2回は子供の頃を振り返り、プロ選手になるまでの道をどう選択してきたのかを語る。

 小学3年生の時、3歳上の兄の影響でサッカーを始めた川口。所属していた天間小学校サッカー少年団で県大会に出場。地元・富士市の選抜チームにも選ばれ、「強いチームでプレーを続けたい」と考えるようになった。

「たまたま、選抜チームのコーチが『東海大一中への進学を考えてみたらどうか?』と声をかけてくれました。東海大一中といえば、全国大会を狙えるレベル。地元の公立中学への進学しか頭になかった僕にとって、思いもよらない話でした」

 しかし、同時期、兄も受験を控えていた。さらにこの少し前、川口家は火事で家を焼失。兄の希望高校も東海大一中も私立。小学生ながら家の事情も考慮し、果たして自分の希望を通して良いのか悩んだという。

「その時、兄が『自分は勉強を頑張って公立に行くよ。お前が東一に行きたいなら応援するぞ』と言ってくれたんです。両親も東一を受験することに賛成してくれました。その後のサッカー人生につながる大きなチャンスを、家族やコーチがくれたんです」

高校進学前に骨折、名門・清水商を選んだ決断のきっかけ

 東海大一中に進学後、川口はメキメキと頭角を現し、1年からレギュラーを獲得。3年連続で全国中学校サッカー大会出場を経験し、2年時には優勝。さらには県選抜、東海選抜、そしてジュニアユース代表に選ばれ、高校進学を控えた頃には、県内外の名だたる強豪校から声がかかった。

 最初、川口が目指したのはサッカー強豪校であると同時に、県内有数の進学校でもある清水東高だったという。

「中学2年から清水東高校への進学を目指し、勉強も真面目に、力を入れて取り組んでいました。ところが中3の秋に腰骨を剥離骨折。受験までに勉強をもうひと頑張りしなくてはならない時期のケガで、モチベーションが落ちてしまった」

 そんな時、清水商業高校(現・清水桜が丘高校)サッカー部監督だった大滝雅良氏が入院先を訪れる。ケガの状態を聞いた大滝氏は「セカンドオピニオンも受けてみたらどうか」と、川口に別の整形外科医を紹介する。

「完治には3か月の安静が必要と言われていたが、『手術によって早く完治できる』という診断を信じて転院。手術後、1か月後には走れるようになりました。これがきっかけで、一転して『清商しかない』と思うようになったんです。当時の清商には、名波浩さん(現ジュビロ磐田監督)、大岩剛さん(現鹿島アントラーズ監督)、薩川了洋さん(現奈良クラブ監督)らメンバーの顔ぶれもすごくて、余計に憧れも強くなりました」

 もっとも大きな岐路となったのは「大学進学かJリーグへの挑戦か」の選択だろう。

本当は「体育の先生」になりたかった…大学ではなくJリーグを選んだ理由

 川口が高校に入学した91年に日本プロサッカーリーグが発足し、93年にはJリーグ開幕。日本のプロスポーツのエポックとして、一大ブームを巻き起こした。一方、誕生したばかりのリーグだけに、先行きもまったく読めない。当時は高校で名を馳せた選手たちの大学進学率も高く、川口自身も「すごく悩んでいた」という。

「清商は大学への推薦の実績も多く、いい大学の道もいくつかありました。プロリーグといっても、将来、どうなるかわからない。中学時代から体育の先生になることを考えていたので、当初は教員免許をとるために大学進学を希望していたんです」

 ところが、高校2年のときに気持ちが一変する。川口は異例の“飛び級”でワールドユースアジア予選のメンバーに選出。当時、レギュラーだったGKがケガで戦列を離れたため、1次予選からレギュラーとしてゴールを守った。

「残念ながらワールドユース出場は逃しましたが、プロや大学生の有名な選手たちとともに世界を目指して戦ったことが自信になりました。“すぐにレギュラーを獲れなくてもいい。厳しい環境のなかで切磋琢磨し、さらに上を目指したい”。あのとき試合に出ていなかったら、プロに行きたいという気持ちはきっと生まれなかった。僕にとってそれほど、とてつもなく大きな衝撃だったんです」

 しかし、恩師や両親は川口の決断に諸手を挙げて賛成、とはいかなかった。

「お願いだから大学に行って」―初めて反対された時に思ったこと

「焦ってプロに行く必要があるのか、という気持ちがあったのだと思います。両親は僕が東海大一中、清商に行きたいといった時も、胸の内には色々な思いがあったはず。それでも常に、僕の気持ちを最優先してくれた。でもプロに行きたいと伝えたら、初めて『お願いだから大学に行って』と反対されました。

 Jに進めたのは、清商の先輩であり、当時、横浜マリノス(現横浜F・マリノス)のスカウト担当だった佐野達さん(現ヴェルスパ大分)の力が大きかった。佐野さんの熱意を受けて、両親は納得してくれたのだと思います」

 中学や高校への進学、プロリーグに進む決断。自分は常にチャレンジする道を選んできた、と振り返る。

「サッカーにおいても生き方においても常に高い壁に挑む、チャレンジすることが自分らしさです。サッカーを始めた頃から今日に至るまでの節目節目で、自分にあった選択ができたと思います」