ブラジル戦の前半に何が起きていたのか? ベンチで飛び交っていた「もっと…」の言葉

写真拡大

前半だけで3失点を喫するも、決して守備組織が根底から破綻していたわけではない

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、10日の国際親善試合ブラジル戦で1-3と敗れた。

 DF槙野智章(浦和レッズ)が後半に1点を返したものの、前半だけで3失点。様々な課題が浮上した一戦だが、この前半にある言葉がベンチで飛び交っていたと選手が証言している。

 日本代表はブラジル戦の前半7分、CKの際にDF吉田麻也がMFフェルナンジーニョを倒したとビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の映像検証で判定され、そのPKをFWネイマールに決められて失点した。同17分、CKの流れからDFマルセロに利き足とは逆の右足で弾丸ミドルを叩き込まれ、さらに同36分にカウンターから右サイドを崩されると、最後はFWガブリエル・ジェズスに3点目を奪われ、前半だけで0-3。後半18分にMF井手口陽介の左CKからDF槙野智章が頭で合わせて一矢報いたものの、最終的に1-3で敗れた。

 強国ブラジルと対峙する前から苦戦は当然予想された。選手たちもそれは織り込み済みで、これまでよりも守備の意識を強めて臨んだが、結果的に前半だけで3失点。試合後に選手は反省の言葉を口にしたが、決して守備組織が根底から破綻していたわけではない。

 個の技術差に加え、ブラジルの圧倒的な攻撃力が日本の守備力を上回った形だが、「前半はベンチで見ることができた」というFW浅野拓磨(シュツットガルト)は、その時のベンチの様子を明かしている。

「入った時のイメージを持ちやすかった」

 浅野は右ウイングに入ったFW久保裕也に代わって後半頭からプレーし、相手エリア内で決定機も迎えるなど見せ場を作った。前半の戦況をベンチから眺め、「自分が入った時のイメージを持ちやすかった」という側面もあったという。その背景にはベンチでの意見交換があったようだ。

「前半、監督も言っていたし、ベンチの中でもそういう声は飛び交っていた。もっと前からって」

 ハリルホジッチ監督は何度もコーチングエリアに出て指示を送っていたが、ベンチ内での様子を浅野は証言している。ハーフタイム時の修正、日本とブラジルのメンバー変更、0-3というスコアなど様々な要素が複合的に絡んだものの、後半の日本が「もっと前から」を前半以上に体現していたのも確かだ。後半の内容に賛否両論あるものの、ベンチでの“事前準備”が選手を後押しする一因となったと言えるだろう。

【了】

大木 勇(Football ZONE web編集部)●文 text by Isamu Oki

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images