メンバー外となり、複雑な気持ちだったはずの香川だが、ブラジル戦はスタジアムに観戦に訪れた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 今回の欧州遠征は、「前回の合宿であまり評価していない。本来のパフォーマンスを見つけるべき」(ヴァイッド・ハリルホジッチ監督)との理由でメンバーから漏れた香川真司が、ブラジル戦をスタジアムで観戦。試合後にはロッカールームを訪ねたという。
 
「ゴールを決めてよかったね、と言ってくれました」
 
 言葉をかわした槙野智章は、香川の心情を察して次のように言う。
 
「彼の状況を考えたら、思うところがたくさんあるだろうし、試合を見に来るのは難しいと思うんですよね。でもこうやって来てくれる姿にはプロ意識を感じました。
 
 チームのために何か行動を起こしたいというのも感じます。後輩ながら、リスペクトしかない。チームとして、いつでも待っているよという形ではあります」
 
“トップ下”は井手口陽介または森岡亮太、“背番号10”は乾貴士が背負う。自分のいないハリルジャパンの戦いぶりを、香川はどんな想いで見ていたのか。
 
 複雑な気持ちだったのは間違いないが、それでも仲間のために駆け付けたその心意気に、槙野も感じ入った様子だった。
 
 もっとも、最後は「態度も行動も(変わってきた)。試合を見ている時の格好、コートもおしゃれになった(笑)」と笑いを取るのも忘れなかった。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】前半だけで3失点...後半に槙野が1点を返すもブラジルに完敗