チベット自治区ラサ市のポタラ宮の壁の塗り替え作業がこのほど完了し、初冬の日光に照らされ、厳かな雰囲気を放っている。

写真拡大

チベット自治区ラサ市のポタラ宮の壁の塗り替え作業がこのほど完了し、初冬の日光に照らされ、厳かな雰囲気を放っている。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

今年は約300人のボランティアが壁の塗り替え作業に参加し、天然顔料92トンを使用した。顔料には昔ながらの製法で、粘り気を増すために牛骨膠(牛の骨から抽出したコラーゲンを固めたもの)を加えている。ポタラ宮管理処の副処長は、「ポタラ宮の壁の塗り替えは美しく見せるためだけでなく、雨水が染み込まないように壁の表面を保護することができる」と説明した。(提供/人民網日本語版・編集/YK)