子どもの頃、誰だって公園の砂場でお城を作ったことはあるはず。バケツに砂を詰めて、しっかりと固めて、ひっくり返すと砂のお城のベースの出来上がり。あとは自由にアウトラインを整えていく。すると自分だけのお城が完成する。それを眺めているだけで王様気分に浸れたあの日──。

この記事で紹介するのは、ドイツのデュースブルグで作られた「砂のお城」。けど、子どもが作るそれとはレベルが違う。なんといっても、世界記録を更新したのだとか。

王様が住んでいそうなスケール感

@kleinhaxがシェアした投稿 -

砂のお城の建設を担当したのは、国際的な砂の彫刻家チーム。ドイツの西側に位置するデュースブルグで、じつに16.68メートルもの高さの城を完成させた。オフィスビルなら4〜5階、マンションなら6〜7階の高さにも相当する。まさに王様でも住んでいそうなスケール感。圧倒的だ。

Licensed material used with permission by Thorsten Peters