「頼りっぱなしというのはある」 槙野智章が明かす…全幅の信頼を寄せる二人の選手

写真拡大

一夜明けて反省の弁が口を突くも、「ポジティブな要素がたくさん見られた」と前を向く

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、10日の国際親善試合ブラジル戦(フランス・リール)で1-3と敗れた。

 選手たちは一定の手応えとともに、数多くの課題も口にしたが、そのなかでDF槙野智章(浦和レッズ)は「僕を動かしてくれた」という二人の選手の存在を明らかにしている。

 ブラジル戦ではFWネイマールにPKで先制され、CKの流れからDFマルセロに利き足とは逆の右で弾丸シュートを叩き込まれた。さらにFWガブリエル・ジェズスに追加点を奪われ、0-3で前半は終了。後半にMF井手口陽介のCKから槙野が頭で合わせて1点返したものの、1-3で敗れた。

 ゴールを決めた槙野は、福田正博、中村俊輔、大黒将志、玉田圭司に次ぎ、ブラジル戦で代表史上5人目の得点者となったが、試合から一夜明けて槙野が口にしたのは「ゴールこそ取れたけど、もっとやらなきゃいけないことも見えた」という反省の弁。だが一方で、手応えも掴んだという。

「ただ徐々に相手のスピード、試合の空気感や状況に慣れて、やろうとすることも後半はたしかに出た。いろいろな失敗があったけど、自分たちがどの立ち位置にいるのかという意味では、収穫があったと思う。ポジティブな要素がたくさん見られた」

吉田と長友の“声”が「僕を動かしてくれた」

 チームとしての守備を意識したという槙野は、最終ラインの要となっているDF吉田麻也(サウサンプトン)に言及。頼りになるディフェンスリーダーの存在が大きいという。

「もちろんディフェンスリーダーとして吉田麻也選手が引っ張っているなかで、頼りっぱなしというのはあったけども、自分も全体を鼓舞するラインの上げ下げなど、できることはやろうと思っていた」

 ブラジル戦で吉田とCBコンビを組んだ槙野はフル出場。結果的に3失点は喫したが、「今年に入って、CBとしてのプレーの幅の広がりは増えている」と個人としての成長を感じているようだ。また槙野が全幅の信頼を寄せる存在が、吉田の他にもう一人いると明かす。

「吉田選手と長友選手、彼らのコーチングや状況判断の声が僕を動かしてくれた」

 14日にベルギーのブルージュでベルギー戦に臨むハリルジャパン。「引いて守る時と前からプレスをハメに行く時の併用」を槙野は改善ポイントに挙げているが、果たしてどのような戦を見せてくれるのだろうか。

【了】

大木 勇(Football ZONE web編集部)●文 text by Isamu Oki

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images