ブラジル戦で少なからず手応えを得た杉本。ベルギー戦では目に見える結果を残せるか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 ブラジル戦では、乾貴士のFKをヘッドで合わせてゴールネットを揺らしたが、惜しくもオフサイドの判定。「まあ、しゃーない」と杉本健勇は振り返るが、「高さには自信があるので。そこはどんどん出していかないといけないし、いろんな状況で(高さが)必要になってくると思うので、負けないようにしたい」と気合を入れ直す。

 途中出場での起用だったが、「どんな状況でも、途中から入った選手がスイッチを入れる、どんどんゴール前に入っていく」と、決定的な仕事に強い意欲を示す。
 
 ブラジルについては「やっぱり上手さがあって、ミスも少ない。カウンターの時に出ていく人数やタイミングも良かった」とその印象を語る一方で、「やれた部分はある。下を向く必要はない」と少なからず手応えを感じたようだ。それを踏まえて、「厳しさとか、今までよりももっと持たないといけないと、みんな感じたと思う」とさらなる向上を誓う。
 
 次の相手であるベルギーの映像はすでに確認済みで、「前線にはタレントが揃っている。後ろもけっこう激しさがある」と警戒するが、「自分のプレーに集中したい」と静かに闘志を燃やす。目に見える結果を残して、その存在感を高めたい。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
【日本代表PHOTO】前半だけで3失点...後半に槙野が1点を返すもブラジルに完敗