ダウンタウン・浜田雅功

写真拡大

 お笑いコンビ、平成ノブシコブシの吉村崇が12日、読売テレビ「八方・陣内・方正の黄金列伝」に出演し、吉本興業100周年の記念写真で“破天荒”になり過ぎてしまい、ダウンタウン浜田雅功からマナーを巡って怒られたことを明かした。

 吉村が「吉本100周年の集合写真で…」と言いかけると、月亭方正がすかさず「おまえ、すごい前に出てるやつやな」とツッコんだ。100周年の記念写真で、最前列には社長を中心に桂文枝、明石家さんま、ダウンタウンらがならぶなか、吉村が足を崩して社長の隣で写っていた。

 吉村は「みんな正座してるのに僕だけあぐらかいでピースサインもして。お調子もんで破天荒なとこが出ちゃった」と今となっては反省していることを述べた。先輩からは「一生もの写真でなんでお前が前に来てるんだ。10何年のやつがあぐらかいて」と怒られたという。とりわけ怒ったのが浜田とオール巨人だった。

 浜田からなんと説教されたのか聞かれた吉村は「ちゃうやろ。お前がふざけるのはいいけど、ああいう場はちゃんとしめろよ。しめる所はしめないと芸人としても良くない」と諭されたという。