マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメウ・ルカク【写真:Getty Images】

写真拡大

ベルギー代表FWルカクが“格下”の日本戦に志願? 「31」へのこだわりとは…

 サッカー日本代表は14日にベルギー代表と国際親善試合に臨む。欧州遠征初戦(10日)のブラジル戦は1-3と完敗し、雪辱を期す年内最終戦。しかし、世界ランク5位の“赤い悪魔”が誇る世界的ストライカー、FWロメウ・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)は、格下にあたる日本戦に並々ならぬ闘志を燃やしているという。

 日本にとって年内ラストマッチ。来年に迫ったワールドカップ(W杯)ロシア大会の前シーズンを締めくくる上で重要な一戦となっているが、重戦車ともいわれる規格外のストライカーのルカクにとっても、特別な意気込みがある。

それは、ベルギー代表の歴代単独最多得点「31」の達成だ。

「僕はこのために生まれてきた。可能な限り多くのゴールを決めたいんだ」。米スポーツ専門メディア「bein sports」によると、ストライカーとしての「ゴール」に対し、想いを語ったという。

 10日のメキシコ戦では2得点。これで16歳で代表デビューして以来、積み重ねてきた代表ゴールを「30」とし、ベルナルド・ヴォールホーフ氏、ポール・ヴァン・ヒムスト氏と往年の名選手に並ぶ、歴代最多タイとしていた。

「代表の最多得点記録に並ぶことができてうれしいよ。ただ、僕は2018年に入る前にこの記録を打ち破るつもりだよ」

“ガチンコ”は日本に朗報? 当初は休養を与える方針だったという報道も…

 ベルギー代表にとっても、今回が17年最終戦。だからこそ、ルカクも「年内記録達成」を実現するべく、日本戦に意欲を燃やしているようだ。しかし、この想いが指揮官を困惑させる事態にもなっているという。

 英紙「デイリー・エクスプレス」によれば、ルカクがプレーするプレミアリーグで指揮経験を持ち、過密日程について熟知しているベルギー代表のロベルト・マルティネス監督は、日本戦は休養を与える方針だったとされていたという。

 記事では「本人はこれを望まず、(マンチェスターUの)ジョゼ・モウリーニョ監督を苦笑いさせる試合出場を迎えることになりそうだ」と記し、日本戦のピッチに立つとの見通しを伝えている。

 ルカクといえば、プレミアリーグ歴代2位となる約110億円で今季、マンチェスターUに加入した世界屈指の点取り屋。現在、公式戦17試合11ゴールと巨額な移籍金に見合った活躍を披露している。

 193センチと長身にも関わらず、開幕戦ではスプリントが「時速34.6キロ」をマークし、話題を呼んでいた。こんな男が、狙うレコードのため“ガチンコ”で臨んでくるとなれば、日本にとっても願ってもない機会となるだろう。