12日、米華字メディアの多維新聞は、中国の習近平国家主席がプーチン露大統領に「完勝」し「世界の遅刻王」になったと伝えている。資料写真。

写真拡大

2017年11月12日、米華字メディアの多維新聞は、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席がプーチン露大統領に「完勝」し「世界の遅刻王」になったと伝えている。

韓国紙・中央日報の報道を引用して伝えたもので、日米中露など21カ国・地域が参加するアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が10日、ベトナム中部ダナンで開幕したが、習主席は20カ国・地域の首脳を長い間待たせた「世界の遅刻王」になった。

中央日報は「これまで主要国首脳の中で悪名高い遅刻王はプーチン露大統領だった」と指摘。「9月の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との首脳会談に34分も遅刻した」とし「それでも34分の遅刻はまだ良い方で、14年にはドイツのメルケル首相を4時間、16年には日本の安倍首相を2時間待たせた」とした上で、「そんなプーチン大統領もAPECの夕食会には後ろから3人目に入場し、それからしばらくたって会場に姿を見せたのが習主席だった」と報じている。

中央日報はまた「ロシアと中国の遅刻競争とは異なり、トランプ米大統領、文大統領、安倍晋三首相は比較的早く会場入りした」とも伝えている。(翻訳・編集/柳川)