久保に続き平川も“プロ初ゴール”…栃木引き分けるも首位キープ/J3第31節

写真拡大

 2017明治安田生命J3リーグ第31節が11日と12日に各地で行われた。

 2試合連続で勝ち星を奪えていない首位栃木SCは、アウェイでFC琉球と対戦した。ゴールを追い続けたが最後まで試合を決めきることができず、スコアレスドローに終わった。

 その栃木を追うブラウブリッツ秋田は、セレッソ大阪U−23に苦戦を強いられた。8分に先制点を奪われるとなかなか同点弾を決めることができず、後半にも失点した秋田は0−3で敗北した。

 3位につけるアスルクラロ沼津も、AC長野パルセイロに先制点を奪われる苦しい展開に。最終的に長野の守備陣を攻略できなかった沼津も勝ち点を伸ばすことができなかった。

 上位3チームが軒並み勝利できなかったが、唯一引き分けに持ち込んだ栃木が勝ち点を「57」に伸ばし首位をキープしている。

 一方、藤枝MYFCをホームに迎えたFC東京U−23は先発出場したMF平川怜の“プロ初ゴール”もあり、2−0で勝利している。

■J3第31節対戦カード
▼11日
福島ユナイテッドFC 3−1 鹿児島ユナイテッドFC
Y.S.C.C.横浜 3−4 ガンバ大阪U−23
FC東京U−23 2−0 藤枝MYFC
FC琉球 0−0 栃木SC
▼12日
グルージャ盛岡 0−2 SC相模原
AC長野パルセイロ 1−0 アスルクラロ沼津
ガイナーレ鳥取 3−4 ギラヴァンツ北九州
ブラウブリッツ秋田 0−3 セレッソ大阪U−23

■J3順位表
1位 栃木(勝ち点57/得失点差+20)
2位 秋田(勝ち点55/得失点差+21)
3位 沼津(勝ち点54/得失点差+32)
4位 鹿児島(勝ち点48/得失点差+6)
5位 琉球(勝ち点47/得失点差+8)
6位 富山(勝ち点46/得失点差+6)
7位 長野(勝ち点45/得失点差+8)
8位 北九州(勝ち点44/得失点差+7)
9位 藤枝(勝ち点42/得失点差+4)
10位 F東23(勝ち点39/得失点差−9)
11位 相模原(勝ち点37/得失点差−4)
12位 福島(勝ち点37/得失点差−8)
13位 C大23(勝ち点31/得失点差−4)
14位 YS横浜(勝ち点31/得失点差−9)
15位 盛岡(勝ち点26/得失点差−15)
16位 G大23(勝ち点24/得失点差−34)
17位 鳥取(勝ち点19/得失点差−29)

■J3第32節対戦カード(11月19日)
▼19日
秋田 vs 福島
相模原 vs F東23
富山 vs 長野
沼津 vs 琉球
YS横浜 vs 盛岡
G大23 vs 鹿児島
C大23 vs 藤枝
栃木 vs 鳥取