三菱総合研究所(MRI)は、鉄道各社とともに、関西国際空港から出国した外国人旅行者にアンケートを実施。

主要9か国(中国・韓国・台湾・香港・欧州・米国・タイ・ASEAN(除タイ)・豪州)の約4000サンプルにから、調査員が聞き取り調査した結果を伝えた。

京都よりも大阪が人気

大阪市内の難波・心斎橋エリアには、関西でもっとも多い年間702万人が来訪。これは訪日外国人旅行者全体の3割に相当。京都では東山エリアが最多で、年間480万人が来訪している。

個人旅行の増加により回遊性が向上

延べ1434万人の外国人旅行者が大阪〜京都間を移動。大阪府内を延べ5796万人が移動した。

大阪滞在は4〜5日

日本での平均滞在期間は、東アジアからがほぼ1週間以内、欧米・豪州からで9〜13日程度。このうち、大阪での滞在はいずれも、おおむね4〜5日に。