納豆は適量を食べるようにしよう

写真拡大

納豆は健康食として知られる。ところが「おいしい、おいしい」とつい食べ過ぎたところ、腹痛を起こして1週間検査入院したという話題が新聞で紹介された。

その人物、1970年に日航機「よど号」をハイジャックし、現在は北朝鮮に暮らす男性だ。納豆を食べて腹部にガスがたまったとの診断だったそうだが、管理栄養士や医師に見解を聞いた。

腸内環境にダメージを与えるとは考えられない

よど号事件の実行犯のひとり、赤木志郎容疑者(69)が、納豆の食べ過ぎで検査入院――。2017年10月29日付の毎日新聞電子版は、実行犯の帰国支援を目的とする機関誌に掲載された赤木容疑者本人の寄稿を紹介した。腰痛や腹痛が続いたため1週間検査入院したところ、消化器科の医師から「ガス充満だと指摘された。その原因は納豆をよく噛まずに食べたことにあった」。現地に納豆工場ができ、「喜んで毎日がむしゃらに食べたのがよくなかった」とある。

1日どれほどの納豆を食べていたのかは不明だ。だが納豆は一般に腸内環境を整えるほか、さまざまな健康効果があるとされる。逆に体に悪さをすることなどあるのか。大腸肛門疾患が専門の「ときとうクリニック」(さいたま市)の時任敏基院長はJ-CASTヘルスケアの取材に、自身も納豆が大好物だが「ガスが充満して入院することはありません」と話す。

ただし可能性として、消化管の中に供給された納豆菌の量があまりにも多ければ、ガスの量も増えるだろうとして、「明らかに納豆の食べ過ぎが症状の大きな誘因のひとつ」との考えを示した。

食品や成分の観点ではどうだろう。東京都内で勤務する管理栄養士を取材した。時任医師と同じく、基本的には「納豆が腸内環境にダメージを与える、腹痛を起こすことはあまり考えられません」という。腹痛につながるとすれば、小腸細菌異常増殖症(SIBO)とFODMAPかもしれないと指摘した。

小腸で吸収されにくい「FODMAP」とは

まずSIBOについて、神奈川県の「江の島弁天クリニック」のウェブサイトに説明がある。小腸に細菌が異常増殖すると、小腸粘膜の炎症や、吸収不良に関与する。患者全員に見られる症状ではないが、「栄養素の吸収不良のために、腹部膨満や下痢、胃もたれや吐き気、胸やけなどの症状を有する機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)が見られることもあります」。SIBOの原因は、ストレスや胃酸の分泌不足が挙げられている。

次にFODMAP。これは病名ではなく、小腸で吸収されにくい食品を意味する。ライフスタイル情報誌「クロワッサン」2017年9月10日号で解説されていた。FODMAPとは「オリゴ糖、二糖類、単糖類、ポリオール類といった発酵性の糖質の頭文字を略したもの」で、納豆も含まれる。小腸で吸収されにくく、「水分が小腸の中に過剰に増えてお腹がゴロゴロなったり傷んだり、腸の中にガスが溜まって便秘を引き起こすこともある」との説明だ。

さらに納豆の食べ過ぎによる「納豆アレルギー」でも腹痛が起こることがあるようだと、管理栄養士は指摘した。なお納豆アレルギーについては、J-CASTヘルスケアが2015年10月16日付記事で、サーファーに多発しているとの研究を紹介した。納豆のネバネバ成分「ポリガンマグルタミン酸」がクラゲの触手にも含まれており、海の中で繰り返しクラゲに刺されてアレルギー体質になったとみられる。

管理栄養士は、納豆に含まれる大豆イソフラボンの過剰摂取により更年期障害のような症状や子宮内膜症、乳がんの発症・再発リスクを高める可能性についても触れた。体に良いとされる食品でも、食べ過ぎは禁物ということだ。