海苔で「線」と「面」を使い分けるテクに注目。キャラ弁「ずばり!ドラキュラでしょう!ハロウィン弁当」(投稿者:mimiさん)/レタスクラブニュース「投稿のレシピ」より

写真拡大

「キャラ弁」レシピ大募集!

レタスクラブニュースでは9月から「秋のキャラ弁祭り」を開催中です。締め切りは今月末、皆様の楽しい作品をドシドシご応募くださいね。

皆様が投稿してくれた中から素敵な作品をピックアップするこのシリーズ、今回は先月のメインイベント「ハロウィン」の思い出がよみがえる、楽しい作品をお届けしましょう。

 

ドラキュラや魔女に扮したのは、日本を代表するアニメとまで言われるようになった『ちびまる子ちゃん』に登場する、脇役たち。主人公のまる子の親友たまちゃんに、学級委員の丸尾君、そしてちょっぴりひねくれものの野口さん。

 

女子チーム(たまちゃんと野口さん)は魔女に変身し、揚げパスタで作ったほうきを持っているという凝りよう。さらにたまちゃんは、魔女は魔女でも『魔女の宅急便』のキキを演じるというダブルキャラ状態!

赤いリボンをつけてほうきをもっていると、黒猫のピックもちゃんと「ジジ」に見えてくるから、楽しいですね。

 

シルクハットとマント、そして牙(!)を装着した丸尾君は、いつも以上に「ズバリ!」のポーズがキマって見えるかも!? 魔女やドラキュラといえば「黒」の衣装が定番なので、白米と相性抜群の「海苔」が大活躍。

そして何と言っても、シンプルだからこそ際限が難しいあのタッチをここまで再現するテクニックはもはやキャラ弁職人の域。

 

これからの季節では、ぜひいろいろなキャラたちのクリスマスバリエも見てみたい! このキャラがサンタになっちゃう!? という意外性を狙うとインパクト絶大なのは、このmimiさんの作品が実証済み。ぜひお試しあれ。