子供時代にディズニーの『リトル・マーメイド』を観た人は多いはず。でも、もしアリエルが、上半身裸のイケメン男子だったらどうなる…?

コスモポリタン アメリカ版によると、あるゲイカップルが制作した『リトル・マーメイド』のパロディ映像の出来が素晴らしいと、今注目を集めているよう。

まずはその動画をご覧あれ。

この動画を作ったのはマシューさん(人魚役)と、彼の恋人であるポールさん(王子役)。なんでも、以前彼らが制作した『美女と野獣』のパロディビデオが想定外の成功を収めたことを受け、今回新たな"ゲイによるディズニーのおとぎ話"の制作を決断したそう。

ちなみにこちらが、『美女と野獣』バージョン。

バイオリンは絶対弾くみたい(笑)。

『リトル・マーメイド』のパロディを作った経緯について、マシューさんはこのように語っています。

僕たちはファンの方たちに質問しました。次はどんなビデオが観たいですか?って。すると、『リトル・マーメイド』のリクエストが圧倒的に多かったんです! でも、それは想定内のことでした。実は、『リトル・マーメイド』にはLGBTQの人々が共感できる部分が多くあります。なぜかというとそれは、"自分には居場所がない"と感じている人についての物語だから。例えば、自分の欲求が社会における"基準"に即していない、とかね。その他の理由としては、ぶっちゃけて言うと、誰もがエリック王子に憧れているからでしょう(笑)! ちなみに、僕たちのバージョンのエンディングはオリジナルとは異なりますが、テーマは同じです。"愛は愛だ"、ということ! 愛に性別、人種、信条なんて関係ない。愛は無限で美しいもの。僕たちが愛に捧げるオマージュを楽しんでもらえたらなによりです。

「愛は愛」、ごもっともですね♡

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Rubicon Solutions, Inc.

COSMOPOLITAN US