「ポテチ対チョコ」より健康に悪いのは?

写真拡大

目の前にある食べ物や飲み物は、はたして体にいいのか、悪いのか。ボストン在住の医師・大西睦子先生がハーバード大学での研究や欧米の最新論文などの根拠に基づき“食の神話”を大検証します。今回は「おやつ」。ポテトチップスやチョコレートとは、どのように付き合うのがいいのでしょうか――。

■もし、おやつを食べるなら「ポテチ」か「チョコ」か?

ジャガイモは、炭水化物が豊富なので高エネルギーな主食として位置づけることが可能なうえ、ビタミンCなどのビタミン類やカリウム、マグネシウム、鉄などのミネラルに加え、皮には食物繊維が豊富に含まれています。

油で揚げたり焼いたりして、塩で味付けすると、これがまた抜群においしい! ポテトチップスやフライドポテトの人気が高いのも納得です。

でも、高温(120℃以上)で加熱することにより大量のアクリルアミドが生成されることも知られています。

これは、国際がん研究機関(IARC)によって「人に対しおそらく発がん性がある物質」に分類されています。カナダでは、体内に取り込まれるアクリルアミドの70%近くがポテトチップスとフライドポテト由来と見積もる報告もあります。

残念ながら、ポテトチップスやフライドポテトは控えめにして、ジャガイモを楽しみたいなら、肉じゃが、マッシュポテト、皮付き粉ふきいもなどをお薦めします。

■おすすめは「ダークチョコレート」

では、おやつにするなら何がいいかというと、乳製品が入っていないダークチョコレート。ポリフェノールの一種として話題になっているフラバノールが、チョコレートの主原料となるカカオ豆には豊富に含まれているからです。

ただし、フラバノールの含有量はカカオ豆の品種、収穫後の処理、加工技術に依存するため、製品によって含まれる比率がかなり異なります。またフラバノールは苦いため、西洋人の口に合わないからということで、風味が調整されたチョコレートが多く流通しているわけです。ミルクチョコレートでは含有量がかなり低いか、含まれていません。

もし、フラバノールをちゃんと含んだダークチョコレートなら、高血圧の改善、心血管疾患リスクの低減、認知能力の改善などが期待できます。

注意すべきは、カカオ製品をたくさん摂取すると、飽和脂肪酸や糖分により、カロリーの摂りすぎになること。カカオのプラス効果を打ち消すほどの体重増加や血糖上昇を招いてしまいます。

----------

大西睦子
内科医師・医学博士。東京女子医科大卒業。国立がんセンター、東京大学を経て、2007年から13年まで、米国ハーバード大学リサーチフェローとして、肥満や老化などに関する研究に従事。ハーバード大学学部長賞を2度受賞。著書に『健康でいたければ「それ」は食べるな』『カロリーゼロにだまされるな』など。

----------

(内科医師・医学博士 大西 睦子 構成=小澤啓司)