NHK杯を優勝したエフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

写真拡大

NHK杯V、冒頭で転倒も巻き返す“心の強さ”「一番大事な目標は常にベスト出し切ること」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯は11日、女子フリーでショートプログラム(SP)1位の世界女王、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が合計224.39点で優勝。初戦ロシア大会に続く連勝でGPファイナル出場を決めた。珍しく転倒しながら立て直した女王の強さに対し、海外メディアは「自らの実力で立ち直り、巻き返した」と称賛している。

 女王は転んでも、心まで転ばない。メドベージェワは冒頭の連続ジャンプの1本目で転倒。続く3回転も着氷が乱れた。ミスの少ない選手が、しかも最初のジャンプでミスをすれば、動揺してもおかしくない。しかし、17歳は落ち着いていた。演技の経過とともに本来の滑りを取り戻し、ファンを魅了。後半はしっかりとまとめ、終わってみれば、2位に12点差で逃げ切ってみせた。

 米スケート専門メディア「icenetwork」は「いきなりのジャンプで転倒するという予期せぬ不安定なスタートを切ることになった」と冒頭を振り返りながら、「しかし、2度頂点に立った世界王者はその後、自らの実力で立ち直り、巻き返してみせた」と“心の強さ”に賛辞を送っている。

後半にきっちりと立て直したメドベージェワ「結果も大事ですが、一番は私の信念」

 記事では「今回のフリースケートには満足できていません」と感想を語ったメドベージェワ。しかし、演技全体を通して、手応えも語ったという。

「プログラム後半にあった3回転フリップと3回転トーループのコンビネーションに関しては頷けるものだったと思います。あそこは、このプログラムにおいて最大のパートです。私にとって一番大事な目標はいつも、自分のベストを出し切ること。結果も大事ですが、一番はその私の信念です」

 常に自分の全力を出し切る――。「私の信念」によって見事に立て直し、ハイレベルな演技で称賛を受けたメドベージェワ。平昌五輪金メダル大本命とみられる17歳に、隙はない。