羽生結弦、ジェイソン・ブラウン【写真:Getty Images】

写真拡大

“ひらがなメッセージ”の15年全米王者、大声援にSNSで感謝「おうえんをありがとう」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯は11日、15年の全米王者ジェイソン・ブラウン(米国)はジャンプで転倒するなど、合計245.95点で4位だった。前日のショートプログラム(SP)では欠場した羽生結弦(ANA)に対し、日本語のメッセージを掲げ、話題を呼んだ“優しき親日家”は一夜明けた12日、ツイッターを更新。「日本のファンがとても大好き!」と日本語でつづり、ファンから「日本に来てくれてありがとう」と感謝の声が多く上がっている。

 日本のファンの心を掴んでいた。ブラウンはフリーに登場すると、観客から大歓声。日本にファンの多い選手だが、今回はいつも以上の熱気だった。トリプルアクセルで転倒。しかし、立ち上がるとすぐさま客席から激励の拍手が鳴り響いた。背中を押されるように、本来の美しいスケーティングでファンを魅了。総合4位に終わったが、次々と花が投げ込まれた。

 前日のSPでは、キスアンドクライで「ゆずるさんへ、はやくよくなってください!!ジェーソン」と右足の負傷で欠場した羽生へ、25文字の日本語メッセージを掲げた。そのシーンを自身のSNSでも紹介し、「ゆずる選手がいない大会はいつもと雰囲気が違った。。。早く良くなりますようにお祈りしています」とエールを送り、大きな話題を呼んでいた。

互いに尊敬し合うフィギュアの精神示したブラウン「日本のファンがとても大好き!」

 フリーから一夜明けた12日はツイッターを更新。「昨日のパフォーマンスはよくないです。ごめんなさい!」と応援してくれたファンに謝った上で「でも今日は新しい日!」と切り替えた。「日本のファンがとても大好き!おうえんをありがとうございます!」と感謝。いつも以上に長い日本語の文面でファンに想いを届けていた。

 今回の羽生の欠場を巡っては平昌金メダルを争うネイサン・チェン(米国)を筆頭に世界のスケーターから早期回復を願う声がSNS上で上がっていたが、一緒の大会に出場を予定した選手として行動で想いを形に示した。ファンから「日本に来てくれてありがとう!」と言葉が続々と上がり、「羽生くんへの温かいメッセージわすれません」と感謝の声も投げかけられていた。

 選手同士は、ただ単なるライバルなだけでなく、互いにリスペクトし合う存在であるとフィギュアならではの精神を示してくれたブラウン。平昌五輪では、羽生とともに一緒の舞台で躍動する姿を見せてもらいたい。