11.11 Global Shopping Festival ガラの様子

写真拡大

 中国最大手ECサイト「アリババグループ(阿里巴巴集団)」が、毎年11月11日に行う24時間のタイムセール「 独身の日(シングルデー)」を開催し、過去最高となる1,682億人民元(約253億ドル/約2.87兆円)の総取引額を記録した。昨年は約2兆円だった。
 「2017 11.11 Global Shopping Festival」と題されたセールに今年は14万以上のブランドが参加。午前0時のセール開始から、アクセスが集中した最初の1時間で「アップル(Apple)」や「ナイキ(NIKE)」「ユニクロ(UNIQLO)」「ザラ(ZARA)」など60を超えるグローバルブランドは1,000万人民元(約150億ドル/約1.7億円)の売り上げを突破した。今年は中国だけでなく、近隣の東南アジアからの利用者も増加したという。 また、セールを祝うガラが上海市内のメルセデスアリーナで開催され、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)によるパフォーマンスが披露されたほかニコール・キッドマン(Nicole Kidman)やチャン・ツィイー(Zhang Ziyi)、テニス選手のマリア・シャラポワ(Maria Sharapova)などの著名人が登場。ガラは来年海外で開催することも検討されているという。
 「独身の日」はオンラインショッピングの認知を高める目的でアリババグループが2009年にスタートしたシーズン商戦。昨今はアリババのみならず中国国内の競合他社や日本を含む海外でも同様のセールが行われ、世界的な広がりを見せている。