モチベーションは過去にある。方法論じゃない[魂が燃えるビジネス]

写真拡大

いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるビジネス」とは何か? そのヒントをつづる連載第24回

「私はどうすればいいのか?」

 コーチングをしていると、この質問をよくいただきます。しかし、それに答えることはできません。また仮に何かしら答えたとしても、さほど変化は起きないでしょう。

 痩せるにはどうしたらいいですか? 暴飲暴食を避けて、適度に運動すればいいですよ。志望校や資格にパスするにはどうしたらいいですか? 筆記にしろ実技にしろ目標を定めて、他のことに浮気せず集中するといいですよ。恋人をつくるにはどうしたらいいですか? それには……。

 どんな質問にも「こうしたらいい」という答えはあります。しかし、その答えを人から与えられたとして、私たちはそれを実行できるでしょうか。「わかっているんだけど、それができないから困っている」というのが実際でしょう。

 そういった苦しみ、困難から脱け出すのに役立つのが「意味」です。自分がなぜそれをやるのか? その理由が自分の人生の一部として明確になると、私たちは自然と物事に集中できるようになります。

 そしてこの「意味」というのは成果ではありません。これをやると人が集まる、評価される、有名になれる、お金になる、効率がいい、合理的だ、といった理由はびっくりするくらい私たちの動機になりません。これはとくにビジネスにおいて顕著です。

「これこれこういうふうにやれば上手く行くぞ」とビジネスや仕事について仕組みやビジネスモデルを思いついたとします。確かにその時はテンションが上がります。しかし、計画段階から作業段階に移り実際に手を動かそうとすると、まるでやる気が湧きません。頭の中に浮かぶのは、「なんで俺がこんなことやらなきゃいけないんだ?」という不満です。目の前にニンジンをぶら下げられても、私たちは駆り立てられません。

 その人にとってモチベーションになるのは、自分の生活や人生と関わりがあることだけです。運動法、勉強法、ダイエット法、恋愛法。世の中には様々な法則がありますが、誰にでも当てはまる状態になっている時点で、それが個人の行動に火をつけることはないのです。

 だからこそ、いつの時代も答えは「自分のうちにある」と言われ続けています。なぜそれをするのか? 「儲かりそうだから、世間で注目されているから、有名人がそれで成功しているから」といった理由を用意してもすぐにガス欠になるだけです。そうではなく、これまで自分が歩んできた十年、二十年、三十年のなかから、「だから自分はそれをやるんだ」という理由を見つければ、人生全体が自分の背中を押してくれるでしょう。

 あなたは今年、どんな一年を過ごしましたか? 春夏秋冬、移りゆく時間の中で、それとともに変わっていく興味関心のなかで、何に注目し、どんな行動を取ったでしょうか。それがあなたの来年を作ります。もしそれが今年だけでなく人生全体に繋がるものだとしたら、モチベーションとしてより強く働き続けます。

 私が「魂が燃えるビジネス」というテーマを掲げたのは、今年1月にあった東京神田でのトークイベントが最初でした。日刊SPA!で連載したのが6月です。そしてこの記事を書いているのが11月です。

 この記事には「ビジネス」「仕事」「駆り立てる」「火をつける」「ガス欠」「自分がやる意味」「答えは自分のうちにある」「モチベーション」といった言葉が埋め込まれています。どれも「魂」や「燃える」というワードに近い内容です。私たちが何かをする、何かを続けるというのは、こうした潜在的な文脈によって支えられています。