出張中の移動や滞在時間を快適に!+α機能を持つスーツケース8選

写真拡大 (全24枚)

出張にスーツケースを用いるのはいまや一般的となっています。さらなる快適性を求めるなら、使用シーンに合わせた+α機能を持つモノが断然お勧め。そこでタイプ別スーツケース8製品をご紹介します。まずは、自分に必要な+αの機能は何かから考えてみてはいかがでしょうか。買い替える際はぜひ検討してみてください。

 

■フロントポケット付きタイプ

▼移動中にケースを立てたまま荷物を素早く取り出せる!

前面開閉のみのフロントオープン式で、フロントポケットの奥の仕切りにあるファスナーを開閉すればメイン室にアクセスできる。ケース周囲のファスナーを開くと、37ℓから42ℓに容量アップ。W35.5×H53×D25-28

フロントポケット最大のメリットは、移動中でもケースを立てたまま荷物を取り出せること。また多くの場合、フロントポケットにはPC 収納や内ポケットが付いているので、仕事道具と着替えなどを分けて入れられる点も美点です。

▲縦型にオープンする使い勝手のいいフロントポケット。クッション入りのPC収納などを備えている。サイドの蛇腹を外せばドアは大きく開く

ロジェール「CUBO(S)」(2万8080円)

>> ロジェールジャパン

 

▼荷物量にあわせて容量アップ可能!

横開きのフロントドアを採用し、フロントポケットから直接メイン室へとアクセスする構造になっている。マチ幅を拡張できるエキスパンダブルモデルで、通常時はスリムで使い勝手がいい。W35×H55×D20-23

▲フロントポケットには、ノートPCとタブレットを収納できる二重構造のクッションパネルを搭載。このパネルは付属のメッシュパネルと交換可能

▲スーツケースのサイドファスナーを開くと、マチ幅が3僖▲奪廚垢襯┘スパンダブル仕様。容量アップでき、お土産などの荷物が増えても安心!

ビクトリノックス「スペクトラ エキスパンダブル コンパクト グローバル キャリーオン」(4万8600円)

>> ビクトリノックス・ジャパン

 

▼書類収納に適した横型が便利!

1〜2泊程度の出張に最適な容量34ℓのビジネストローリー。PCや書類を出し入れしやすい横型モデル。安定感と静音性に優れた4輪のサイレントキャスターや、メイン室にTSAロックを備えるなど実用性が高い。W45×H40×D25

▲フロントポケットには15インチのノートPCとタブレットを同時に収納可能。B4ファイルが横に入るサイズ設計で、荷物を出し入れしやすい

▲メイン室にも取り外し可能な蛇腹ポケットを搭載する、書類収納に便利なビジネス向けトローリー。蛇腹を外せば荷室がコの字に大きく開く

エース「ジェットパッカーS」(4万1040円)

>> エース

 

■モバイルバッテリー内蔵タイプ

▼待ち時間を利用してスマートにスマホを充電!

耐衝撃性の高いモバイルバッテリーが付属したスーツケース。外装にコードリール式ケーブルが付いているため、ケースを開くことなくスマホを充電できる。空港のラウンジなど待ち時間を利用して、素早くスマートに充電可能だ

スマホとBluetoothで連携し、相互に追跡できるトラッキング機能“TrackR”も搭載。ラゲージとスマホが一定の距離以上に離れるとアラームが鳴り、双方の置き忘れや紛失を未然に防げる。W39×H51×D25

▲最長約100僂泙膿びるコードリール式のマイクロUSBケーブルが外装に付く。充電しながらの操作が可能(Lightningコネクタは別売り)

▲スマホを約2 回フル充電できるリチウムイオンバッテリーを搭載。素早く取り出せる構造なので、手荷物検査もスムーズに通過できる

プロテカ「マックスパス スマート」(7万1280円)

>> エース

 
 

■オーガナイザー搭載タイプ

▼内部の仕切りが収納ホルダーに早変わり!

2〜3泊の旅行に適した機内持込み可能サイズのスーツケース。75个梁膩2 輪キャスターで、パワフルかつスムーズな取り回しが可能。ウォールナットの木目をプリントした個性的なデザインも魅力だ。W40×H50×D25

ポケット付きの内装の仕切りは取り外し可能。上部にフックが付いているため、そのまま収納ホルダーとして使用できる。洗顔や歯ブラシなどを入れて洗面所に掛けておけば、ホテルがまるで自宅のような快適空間に変身!

▲機内持ち込み可能サイズながら、38ℓの大容量を実現。メイン室は背面側を深く設計してあり、箱形の大きな荷物も収納しやすい

フライトワン「ジェットモール ウォールナット 38ℓ」(3万4560円)

>> フライトワン

 

■背負える2WAYタイプ

▼階段や悪路も素早く移動!機動力重視なら“背負う”

街中では背負って、空港などではキャリーとして使える便利な2WAYモデル。耐久性に優れたバリスティックナイロンを使用。防水加工を施したサイドポケットを備えるなど、収納性にも長けている。W33×H53.5×D20.5

地方には階段しかない駅も多く、また海外は石畳なども多く残る。そんな時は、カバンを背負ってしまえばいい。バックパック&キャリーの2WAYなら、フィールドに合わせたスピーディな移動がならコレ!

▲背負う際は、内部に格納されたキャスターカバーを引き出してセット。キャスターが背中に当たって服が汚れることを防いでくれる

▲荷物を素早く取り出せる、前面に開くフロントポケットを装備。保護パッド入りのPC収納スペースなど、大小の内ポケットを備えている

トゥミ「アルファ・ブラヴォ「ピーターソン」ウィールド・バックパック」(9万7200円)

>> トゥミ

 

■プロ仕様のタフネスタイプ

▼大事な精密機器を安全に運べる!

自衛隊、JAXA、ハイパーレスキュー隊などへラゲージを供給するフジコーワ工業が展開する、個人用キャリーコンテナ。精密機器輸送スペックの技術を用いて作られており、カメラやPCなども安全・確実に運べる。

耐衝撃性、耐候性、耐蝕性など外界から受けるあらゆるリスクに対応し、JISの強度基準を超える高水準のプロテクションを備える。本来は破損しやすいキャスターなどの突起物も非常にタフ。W36.3×H53.9×D24.8

▲内装はクロスベルト付きのトラベル仕様で、使い勝手が非常にいい。前後のコンパートメントの仕切りとなるメッシュパネルが付属する

プロテックス「CR-3300」(6万2000円)

>> プロテックス

 

本記事の内容はGoodsPress11月号40-41ページに掲載されています

(取材・文/津田昌宏 写真/写真/野町修平 スタイリング/宇田川 雄一)